September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« ザ・ラトルズ「四人もアイドル」 | Main | NHK訴訟判決についての産経社説と産経抄 »

January 31, 2007

NHKの番組改編に対する変な判決

 30日の朝日の社説は「NHK 裁かれた政治への弱さ」だ。あの「NHKの番組改編に政治的圧力が加わった」と捏造記事を報道した朝日が、性懲りもなく書いている。社説の中身をみていく。

 「NHKは国会議員らの意図を忖度(そんたく)し、当たり障りのないように番組を改変した」。
 「旧日本軍の慰安婦をめぐるNHK教育テレビの番組について、東京高裁はこう指摘した。そのうえで、判決はNHK側に対し、取材に協力した市民団体へ慰謝料200万円を支払うよう命じた」。
 (変な判決だ。改変する前の番組内容が公共性があるかどうかには一切触れていない。「改変」ではなく「改善」である。)

 「NHKは放送の直前に番組を大幅に変えたことを認めながらも、『あくまで自主的に編集した』と主張していた。その主張は通らなかった」。
 「政治家の意向をおしはかって番組を変えるというのでは、自立したジャーナリズムとはとても言えない。NHKは上告したが、高裁の判断は重い」。
 (政治家の意向があろうがなかろうが、偏向した放送をすることは放送法に違反している。サヨクの言うがままの放送をしようとして何が自立したジャーナリズムか。ジャーナリズムの自立云々というのであれば、不偏不党な内容の番組を放送すべきである。NHKは上告して当然だ。)

 「裁判になっていたのは6年前に放送された番組で、慰安婦問題を裁く市民団体の『民衆法廷』を取り上げたものだ。ところが、兵士の証言や判決の説明が削られた。このため、市民団体側は事前の説明と異なる番組になったとして訴えた」。
 (朝日の言う「市民団体」は正に左翼団体である。それを読者に一般市民であると誤認識させようとしている。

 「一審の東京地裁は被告のうち、孫請けの制作会社の責任だけを認めた」。
 「控訴審に入って、NHKと政治家との関係が大きな争点になった。NHK幹部が放送前に自民党衆院議員らと会い、その後、番組が改変された。そうNHKの担当デスクが内部告発をしたからだ」。
 (しかしこれは事実と異なることはもはや明白である。朝日は潔く誤報、いや捏造報道を認め、読者に謝罪すべきである。)

 「東京高裁は次のように認定した」。
 「NHK幹部はこの番組がNHK予算案の審議に影響を与えないようにしたいと考え、国会議員らに会った。その際、『番組作りは公正・中立に』と言われた。NHK幹部はその発言を必要以上に重く受け止め、番組に手を加えた」。
 「NHK幹部は番組への強い批判を感じ取ったのだろう。NHKは予算案の承認権を国会に握られている。それが番組改変の動機になったと思われる」。
 (「番組つくりは公正・中立に」というのは放送法から見ても当然の事。それでも番組を修正しなかったとしたら、そちらの方が余程問題だ。)
 
 「自立した編集は報道機関の生命線だ。政治家への抵抗力を持たなければ、公共放送もその使命を果たせない」。
 (報道機関の生命線などと言えるレベルの問題ではない。NHKは改変前の番組を放送して視聴者に信を問うてみてもらいたい。この番組は、バウネットジャパンという左翼団体のイベントを報道したものである。公共放送で報道するべき内容ではない。裁判ゴッコをして、既に亡くなっている昭和天皇に対して、死刑を宣告するという代物だ。日本人なら眉をひそめるような内容だ。日本では死者に鞭打つことはまずあり得ない。人は皆死んだら仏になるのだ。しかも死刑を宣告されるのは昭和天皇である。天皇は言うまでもなく日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴である。天皇を死刑にするなどという発想は日本人からは出てこないはずだ。またこの団体の創始者は元朝日新聞の社員であり、イベントも朝日新聞が後押ししていた。)

 「この問題は朝日新聞が05年1月に取り上げ、政治家の発言が圧力となって番組が変わった、と報じた。今回の判決は政治家の介入までは認めるに至らなかったが、NHKの政治的な配慮を厳しく批判したものだ。
 (「政治家の介入までは認めるに至らなかった」って、朝日の主張が認められなかったということではないか。さらりと書いているが、誤魔化してはいけないだろう。)

 「朝日新聞の報道に対しては、政治家とNHKから事実関係について反論があった。これを受けて検証を重ねた朝日新聞は一昨年秋、記事の根幹部分は変わらないとしたうえで、不確実な情報が含まれてしまったことを認め、社長が『深く反省する』と表明していた」。
 (「記事の根幹部分は変わらない」と思っているのは朝日新聞だけである。)

 「取材される側が報道に抱く期待権と編集の自由との関係について判決が指摘したことにも注目したい。判決は編集の自由の大切さを指摘したうえで、政治家の意図をおしはかった今回のケースは『編集権を自ら放棄したものに等しい』と述べ、期待権の侵害を認めた」。
 (「期待権」って一体何だ。権利をむやみやたらと拡張してはいけない。)

 「編集の自由や報道の自由は民主主義社会の基本だ。取材される側の期待権の拡大解釈を避けるためにも、メディア側の権力からの自立が求められる」。
 (何を言っているのか。メディア自身が権力になっているということを自覚していない。朝日自身が捏造報道で権力を濫用しているのだ。)

人気blogランキングへ→banner_01

« ザ・ラトルズ「四人もアイドル」 | Main | NHK訴訟判決についての産経社説と産経抄 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/13735867

Listed below are links to weblogs that reference NHKの番組改編に対する変な判決:

« ザ・ラトルズ「四人もアイドル」 | Main | NHK訴訟判決についての産経社説と産経抄 »