September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 1月5日の産経新聞滋賀版より | Main | 日韓海底トンネル? »

January 09, 2007

「日本海」の呼称を「平和の海」にしようという盧大統領

 産経新聞のページに「日本海を『平和の海』に…盧大統領また“余計な発言”?」という記事がある。本当に余計な発言だ。日本海という呼称は歴史的に定まったもので、日本が勝手に付けた名称ではない。韓国が反日感情をむき出しにして「日本」という呼び方を消し去りたいだけなのだ。「東海」という呼称は元・宗主国である中国が付けたものだ。しかし既に「東シナ海」が存在するのに、新たに「東海」というのは混乱を招くだけだ。

 日本海という呼称をなくそうとするだけでなく、竹島を侵略し、軍事支配を強化し実効支配を続け、周辺海域から日本漁船を追い出している韓国が、「平和の海」などと言い出すのは噴飯物だ。日本海の平和を乱しているのは韓国ではないか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
韓国の盧武鉉大統領が昨年11月のハノイAPEC首脳会議の際、日韓首脳会談で安倍晋三首相に対し「日本海」の名称に関連し第3の名称として「平和の海」を”提案”したとして、韓国マスコミなどが問題視している。韓国の公式主張である「東海」案の放棄ではないかというもので、マスコミ世論は「また大統領が余計な発言」と批判している。

 大統領官邸もこの発言を確認しているが、盧大統領は日韓関係改善のため認識と発想の転換が必要との考えから「一つのアイデア」として会談の議題とは別に話題にしたという。しかし日本側の反応はなく議論にはならなかったという。

 日本海の名称について韓国は近年、韓国での名称である「東海」への変更ないし併記を国連など国際社会に強く要求し、官民挙げて活発に動いている。これに対し日本は「日本海はすでに国際社会に定着した名称で変更の必要性はない」との立場から韓国案を拒否してきた。

 ただ昔から日韓双方の文化人などの間では”第3の名称”を主張する声があり、たとえば平和や環境保護などの観点から「蒼海」や「緑海」、さらには「東アジア海」「極東海」などといったアイデアが個人的に出されたことがある。

 しかし”第3の名称”案も「東海」案と同じく、基本的には何としても「日本海」の名称を否定したいという動機がある。また日本海はまず国際社会がそう呼称したという歴史的経緯があるにもかかわらず、韓国世論は日本が勝手に名付けたと誤解している

 盧武鉉大統領の「平和の海」案の背景は不明だが、市民運動好きでNGO(非政府組織)的発想の強い盧政権らしい考え方といわれる。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 1月5日の産経新聞滋賀版より | Main | 日韓海底トンネル? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/13400658

Listed below are links to weblogs that reference 「日本海」の呼称を「平和の海」にしようという盧大統領:

« 1月5日の産経新聞滋賀版より | Main | 日韓海底トンネル? »