September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 労働時間の規制撤廃、法制化へ 人件費抑制に利用されるのは確実 | Main | 寿司愛好家泣かせのマグロ価格高騰 »

November 25, 2006

元祖を脅かす中国の模造品

 中国が日本製品のコピーをしている事ではない。中国が韓国製品のコピーをしているという話だ。朝鮮日報のページに「意匠権:元祖を脅かす中国の模造品」という記事がある。韓国メーカが中国の模造品に苦慮しているという。今まで散々日本の製品をパクってきた報いだな。

 今までの自分たちが日本に対して行ってきたことを、今度は中国にやられているという訳だ。だが韓国には「人の振り見てわが振り直せ」ということわざはないようだ。少しは反省すればどうか。

 ただ、韓国のパクリは劣化コピーだが、中国のパクリは韓国製品を上回るとか。元宗主国の方が一枚上手だ。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 中国で模倣品が横行しているというのは、もはや驚くべきニュースではない。こうした中国の「デッドコピー」(他社製品の機能やデザインをそっくり複製すること)の実力は想像を超えるという評価さえ受けている。しかし最近では、中国の模倣品が本物を脅かすレベルに止まらず、元祖の座を奪う例まで起こっている。

 LG電子は5月、中国市場で携帯電話「チョコレートフォン」(スライド式携帯電話)を発売する直前、非常事態に陥った。チョコレートフォンは昨年11月末、韓国で初めて発売された。しかしその後、中国の現状に合うチョコレートフォンの開発に3‐4カ月費やしてる隙に、中国のある業者がチョコレートフォンの模倣品を現地で発売していたのだ。本物が発売される前に模倣品がすでに市場に出回っていたというわけだ。これについてLG関係者は「むしろ、LG製品が模倣品なのではないかという誤解を受けている」とし、「デザインはもちろん、製品の前面にタッチパッド(指をメニューに当てると作動する方法)が使われているのも同じで、驚きを隠せなかった」と話した。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 労働時間の規制撤廃、法制化へ 人件費抑制に利用されるのは確実 | Main | 寿司愛好家泣かせのマグロ価格高騰 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/12812637

Listed below are links to weblogs that reference 元祖を脅かす中国の模造品:

« 労働時間の規制撤廃、法制化へ 人件費抑制に利用されるのは確実 | Main | 寿司愛好家泣かせのマグロ価格高騰 »