September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 田中真紀子、安倍首相への質問で自爆! | Main | 日韓首脳会談 »

October 10, 2006

日中首脳会談

 産経新聞のページに「協力関係発展で一致 日中首脳会談」という記事がある。安倍首相が中国を訪問したこと自体が、日本が折れた形になり非常に残念だ。「靖国問題」をあいまいにしたまま経済協力を進めようとぃうことだろう。安倍首相は今年の4月に靖国参拝を行っていたが、マスコミに知られなかった(騒がなかった)ので、問題にならなかった。結局日本の反日マスコミが作り上げた「日中問題」であることが露呈した。

 歴史認識で「村山談話」を踏襲したのは理解しがたい。破棄すべきだ。また共産主義国で独裁国、前近代的な国と対等の立場で外交をする必要があるのかどうか。現在の中国こそが周辺国を侵略し続けているのだ。首相には旗色を鮮明にしてほしかった。

 日本にとっては利益の少ない会談であったと思う。これで北朝鮮の核実験に対して、中国が日米と同じ側に立つかどうかだが...。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 安倍晋三首相は8日午後、政府専用機で北京入りし、人民大会堂で中国の胡錦濤国家主席、温家宝首相らと会談した。安倍首相は「日中両国は未来志向で戦略的互恵関係を築くべきだ」と強調し、協力関係を発展させる考えで中国側と一致した。北朝鮮の核実験声明については「絶対に容認できない」と述べ、核実験阻止に向け、両国が連携していくことを確認した。靖国神社参拝では、参拝するかどうかは言及しないとした上で「適切に対処する」と述べた。

 胡主席は会談の冒頭、「首相が最初の訪問国に中国を選び、中日関係の改善と発展を重視する姿勢を評価したい」と歓迎。今回の訪中を「中日関係改善の転機であり、新たなスタートになることを期待する」と述べた。安倍首相は「初めての訪問先に中国を選んだことは、日中双方が両国関係を極めて重視していることを示す」と応じた。

 安倍首相は歴史認識について、平成7年の「村山談話」を踏襲する姿勢を示し、「わが国の戦後60年間の平和国家としての歩みを正当に評価してほしい」と述べ、中国側も理解を示した。さらに、両国の有識者による歴史共同研究を年内に立ち上げることを提案、胡主席も同意した。

 また、中国側は「政治的障害」として靖国神社参拝自粛を求めたが、安倍首相は「日本の多くの歴代の総理は国のために亡くなった方々に対して哀悼の誠をささげ、平和を願い参拝してきた」と説明し、今後の対応を明言しなかった

 また、安倍首相は会談で胡主席と温首相に早期の訪日を招請、両首脳も前向きに検討する考えを示した。また、胡主席と11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議(ベトナム・ハノイ)で、温首相とは12月の東アジア首脳会議(フィリピン・セブ島)でそれぞれ再会談することで合意した。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 田中真紀子、安倍首相への質問で自爆! | Main | 日韓首脳会談 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/12227965

Listed below are links to weblogs that reference 日中首脳会談:

» 犬でも仲直りの時は向こうから来る!! [青山はここにありました~社会批判がてんこ盛り!!]
犬でも仲直りの時は向こうから来る!! いわんや、人間界の慣習では、「仲直りするほうが相手に出向く」のが通常です。ですから、行くほうが下手(したて)です。来られるほうが、上手(うわて)です。上手というのは、ポジションが上位にあるということです。... [Read More]

« 田中真紀子、安倍首相への質問で自爆! | Main | 日韓首脳会談 »