September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 日経「富田メモ」が新聞協会賞 新聞協会賞など地に堕ちた! | Main | 狂気の偽装 »

September 11, 2006

大江健三郎氏が訪中して反日発言を連発

KonnanihonnidaregasitaJigyakusikannmouyametai
 朝日新聞のページに「作家の大江健三郎氏が訪中 北京でサイン会」という記事がある。

 「中国社会科学院の招きに応じ、ノーベル文学賞作家の大江健三郎氏が8日、北京に到着した。大江氏の訪中は5回目で、今回の日程は1週間。9日午後には中国語に翻訳された著書3作品の販促キャンペーンとして、北京市内の書店、西単図書大厦でサイン会を開いた。3作品は『さようなら、私の本よ!』、『憂い顔の童子』、『あいまいな日本の私』」。

 記事によると大江氏は次のように語っている。「日本には初め、音声言語はあったが文字はなかった。中国から文字が伝えられ、日本人がそれを使って自分の意思を表現できるようになったときの喜びはどれほどだったことか。日本人が漢字を通じて中国人との交流を持つようになったことの意義は大きい」。

 残念ながら古代日本の隣国には中国という先進国があった。そこから漢字と言う文字が流入してしまった。もし中国がなければ、日本が独自の文字を持つ可能性は十分にあったのだ。なぜなら中国語をそのまま使うのではなく、漢文で日本語として読み、さらに仮名文字も作ったのだから。非常に残念といえる。当時としては喜びよりも苦労が多かったのではないだろうか。

 さて、朝日の記事では抑えられているが、中国大使館のページには「日本は反省のない現状を改めるべき」とタイトルが記事に付けられている。反日言動もはなはだしい。日本は未来永劫中国に謝罪し続けよというのだ。これでは永久に友好関係など築けない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 ノーベル賞受賞者、日本の作家大江健三郎氏は9日、北京で講演した際、日本はまったく反省のない現状を改めるべきだ、中日関係正常化の前提は日本国民がかつての戦争行為を深く反省することだと述べた。

 9月9日、70歳を過ぎた大江健三郎氏は5回目の訪中をした。そしてこの日の午前、中国社会科学院に招かれて講演した。少年時代に中国の作家魯迅の作品から大きな影響と啓発を受けたことから、特に魯迅が言った「絶望に始まる希望」を講演のテーマにした。

 6年前、大江氏は中国で講演した際、「われわれは未来に向かって、たゆまず贖罪するとともに、そのためにたえず努力しなければならず、これこそ中国およびアジア諸国に対する日本人の基本的態度である」と述べていた。

 6年後のきょう、氏は記者に、「極端な国家主義が国内で再び高まっており、このため日本の将来を憂慮している」と語った。

 今年8月、小泉純一郎首相は再度、靖国神社参拝を強行した。大江氏は、「終戦から61年後、先の戦争と大東亜共栄圏の名を正す活動がまたも始まっていることは否定できない」と語った。

 そして、「大部分の日本人がもはやあの不正義の侵略戦争の記憶をもっていない。われわれは強い逆風を受けている」と述べた。

 大江氏は、12歳で初めて魯迅の作品を読み、魯迅先生のいわれる「希望」の2字が生涯私の頭から離れなくなった。1960年に初めて訪中した後、中国に深い感情をもつようになったという。

 この数年、大江健三郎氏と日本の知識人はたえずデモや抗議活動を行い、氏自身はさらに、平和憲法を守るためにあちこち奔走している。氏の作品は文学の創造力を発揮し、戦後の日本史転換期の大きな社会・政治問題を形象的に描いて、「たたかいの文学」と称えられている。今回の訪中の際には、わざわざ南京大虐殺記念館を訪れて、生存者と会い、歴史研究者と座談会を開いた

 訪中する度に、大江氏の気持ちは、「喜び余って重くなる」、それは将来に対して多くの疑問を抱いているからだという。日本の若い世代はまったく違った世界に暮らしている。本を通して歴史を理解できるだろうか、と。

 大江氏が訪中する前、唐家セン(王+旋)国務委員は8日、時事通信社の若林清造社長と会見した際、中日関係はいま歴史的岐路に立たされており、正しい方向をつかめるかどうかは、両国の根本的利益および地域の平和・安定と調和した発展という重大な問題にかかわると述べた。

 さらに、中国側は一貫して、双方が同じ目標に向かって努力し、中日関係を改善するよう主張してきた。中国はこのためすでにたゆまぬ努力を払っており、これからもそのようにする。目下の問題解決のカギは、今後の日本の指導者が賢明な決断をし、両国関係の発展に影響する政治的障害を徹底的に取り除き、中日関係の新たな1ページを開くことであると述べた。

 中国に着いたその時から、大江氏はたえず自分の希望を繰り返している。つまり日本が日本人に傷つけられた中国人と本当に和解できるよう希望している。

 「生きているうちにこの希望が実現するのを見ることができないかもしれない、それでもなお期待している」、氏はこう語った。
 ↑ここまで

 さすが代表的な反日日本人である。中国から日本に帰ってくるなと言いたい。妄言を撒き散らし、自著の誤りすら直そうとしない。こんな奴が自称「知識人」なんだからなあ。トンデモないことだ。

 参考文献:
 谷沢永一「こんな日本に誰がした―戦後民主主義の代表者大江健三郎への告発状」(ベストセラーズ)
 谷沢永一「自虐史観もうやめたい!―反日的日本人への告発状」(ワック)

人気blogランキングへ→banner_01

« 日経「富田メモ」が新聞協会賞 新聞協会賞など地に堕ちた! | Main | 狂気の偽装 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11852783

Listed below are links to weblogs that reference 大江健三郎氏が訪中して反日発言を連発:

» 北京巡礼。 [グダグダよし坊のダラダラ日記]
最近めっきり涼しくなってきましたね、よし坊です。 [Read More]

« 日経「富田メモ」が新聞協会賞 新聞協会賞など地に堕ちた! | Main | 狂気の偽装 »