September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 朝日は「国旗・国歌 『強制は違憲』」に賛成を明言 (予想通りだ) | Main | 新首相に身勝手な期待をされても困るぞ »

September 22, 2006

石原都知事「控訴は当然」

 朝日新聞のページに「石原都知事『控訴は当然』」という記事がある。わしも当然と思う。記事を引用する。

 ↓ここから
 入学式や卒業式での日の丸・君が代の強要は違憲だとする東京地裁判決について、東京都の石原慎太郎知事は22日の記者会見で「控訴するのは当然だ」と語り、都立学校の教職員に起立や斉唱を指示する方針を見直す考えはないと述べた。都教委はこの日、臨時の校長連絡会を開き、都立学校長約250人に対し、「これまで通り通達に従って指導してほしい」と改めて指示した。

 会見で石原知事は「あの裁判官は都立高校の実態を見てるのかね。現場を見てみるといい」「規律を取り戻すには統一行動が必要。その一つが式典での国歌・国旗に対する敬意だと思う。それがすべてとは言わないが、これも一つの手だてだ」などと語った。

 さらに、「(都教委の)通達に従って、学習指導要領で要求されていることを教師が行わない限り、義務を怠ったわけだから、いきなりクビにするわけじゃないけれど、処分は当たり前じゃないですか」と述べた。
 ↑ここまで

 普通の会社員が社長や上司の指示に対して「思想、良心の自由に反する」と従わなかったら、処分は当たり前だ。なぜ教員社会では、一般常識が通用しないのか。その方が問題である。

 ところで、22日の報道ステーションでこの件を報じていた。「君が代訴訟”違憲”に反発『高裁判決まで強制続ける』」だ。やはり批判的に報道しようとしているのだろうが、それよりも視聴者を騙すような報道が許せない。

 それは、日本と他国での国旗・国歌の扱いの違いについて説明している部分だ。日本が戦前からの日の丸・君が代を国旗・国家法によって「強制」しているのに対し、ドイツでは戦後に国旗を変えて国歌も一部を歌わなくなったという。

 ところが日本とドイツとでは事情が全く違う。日本は連合国に降伏し占領下に置かれたが国家は継続している。それに対して、ドイツは政府そのものがなくなってしまったのだ。だから国旗を変えるのも当然だ。

 それから番組では、「アメリカでは国旗・国歌の規定がない」と言い、あたかも強制していないかの印象を与えようとしていたがとんでもない。アメリカでは幼稚園から毎日国歌を歌わせ、国旗に忠誠を誓わせている。歴史も浅く他民族が住む「実験国家」であるがゆえに、国をまとめるものは国旗・国歌しかないのだ。

 ただ、いつもと違ったのは、教育現場が荒れるのは国旗・国家よりも、日教組と教育委員会の不毛な対立に根本的な原因がある、というように結論付けたこと。珍しいことだ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 朝日は「国旗・国歌 『強制は違憲』」に賛成を明言 (予想通りだ) | Main | 新首相に身勝手な期待をされても困るぞ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11998508

Listed below are links to weblogs that reference 石原都知事「控訴は当然」:

« 朝日は「国旗・国歌 『強制は違憲』」に賛成を明言 (予想通りだ) | Main | 新首相に身勝手な期待をされても困るぞ »