September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 嘉田知事は一方的で無責任 | Main | 紀子殿下、男のお子さまご出産 »

September 06, 2006

新幹線新駅の工事負担金を、6市が支払う意向

 中日新聞のページに「6市が『支払う』意向 新幹線新駅の工事負担金」という記事がある。

 「『凍結』が孤立の色を深めている。10月末に支払い期限が訪れる新幹線新駅の工事負担金。栗東市や主な周辺市は支払いに前向きな姿勢を示し、工事継続を迫る。県は払うのか、払わないのか。包囲網がじわりと敷かれる中、凍結を公約に掲げる嘉田由紀子知事の持ち時間も刻々と減っていく」。

 記事より6市の意見をまとめると次の通り。

 ・野洲市、山崎甚右衛門市長
  栗東市から請求があれば納めないといけない。物事には手順がある。建設凍結というなら、将来の湖南地域のまちづくりをどうするのか、県は示すべきだ。湖南地域が30万、50万都市をめざすなら、必然的に(新幹線を)止める駅を造ったほうがよい。

 ・栗東市、新駅設置対策課
  当然支払う。

 ・守山市、山田亘宏市長
  (負担金の支払いを表明)

 ・湖南市、谷畑英吾市長
  契約事項は守られることが前提

 ・甲賀市、中嶋武嗣市長
  市議会で債務負担行為がすでに可決され、工事協定も結ばれている以上は、それを尊重すべき。

 ・草津市、伊庭嘉兵衛市長
  協定書にもとづく。(支払う)

 知事は契約はおろか、6市の意向を無視しても新駅を凍結するのか。一体どこが「民意」なのかわからない。

 なお、県庁所在地である大津市の市企画調整課は、県が支払わなければ市としても支払うことはない、と県の意向に沿うようである。六曜が差別につながると言う市はちょっと違う。

人気blogランキングへ→banner_01

« 嘉田知事は一方的で無責任 | Main | 紀子殿下、男のお子さまご出産 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11778853

Listed below are links to weblogs that reference 新幹線新駅の工事負担金を、6市が支払う意向:

« 嘉田知事は一方的で無責任 | Main | 紀子殿下、男のお子さまご出産 »