September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国は‘児童性奴隷’輸入国 | Main | 大江健三郎氏が訪中して反日発言を連発 »

September 11, 2006

日経「富田メモ」が新聞協会賞 新聞協会賞など地に堕ちた!

 日経新聞のページに「日経新聞『昭和天皇発言・富田メモ』の特報に新聞協会賞」という記事がある。自画自賛記事だが、こんな世論誘導のための記事が受賞とは恐れ入った。恥の上塗りというか。ついでに言うと、このタイミングで記事にしたのは、日経社員のインサイダー取引事件の報道を弱めようとしたためである、という話もある。

 そうか、この受賞もインサイダー取引事件の印象を弱めるためのものだな、きっと。去年、朝日が「NHKへの政治介入」という捏造記事を報道し問題化しているときも、朝日が新聞協会賞を受賞したからな。

 日本の多くの経営者が日経新聞を購読し、意思決定の判断材料にされていることを、非常に恐ろしく、かつ情けなく思う。

 記事を引用する。

 ↓ここから
日本新聞協会は6日、2006年度の新聞協会賞を発表した。編集部門のニュース分野で日本経済新聞社の「昭和天皇、A級戦犯靖国合祀(ごうし)に不快感」を記した富田朝彦元宮内庁長官の日記・手帳(富田メモ)に関する特報(7月20日付朝刊、受賞者は東京編集局社会部の井上亮記者)が選ばれた。授賞式は10月17日に岡山市で開く新聞大会で行われる。

 本社受賞の報道は、昭和天皇が1988年、靖国神社へのA級戦犯合祀(78年)に強い不快感を示し「だから私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」と、宮内庁の富田朝彦元長官に語っていたことを特報。元長官が残した日記・手帳から判明した昭和天皇の発言を詳細に伝えた。

 日本経済新聞社は富田メモについて既に公共性の高い重要個所の大半を報道してきました。さらに社外の有識者を交えて残る部分も含め再点検するため「富田メモ研究委員会」を月内に設置します。歴史研究者らに参加をお願いし、来春までに見解をまとめ、日本経済新聞の紙上で報告書を公表する予定です。
 ↑ここまで

 「公共性の高い重要個所の大半を報道して」きただと。嘘付け。「都合の良い箇所のみを報道してきた」のではないか。「富田メモ研究委員会」など要らん。どうせ朝日と同じようにお茶を濁すだけだ。メモの全てを広く一般に公開せよ。公器として「疑惑」を晴らすにはそれしかない。

人気blogランキングへ→banner_01

« 韓国は‘児童性奴隷’輸入国 | Main | 大江健三郎氏が訪中して反日発言を連発 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11852185

Listed below are links to weblogs that reference 日経「富田メモ」が新聞協会賞 新聞協会賞など地に堕ちた!:

« 韓国は‘児童性奴隷’輸入国 | Main | 大江健三郎氏が訪中して反日発言を連発 »