September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 安倍氏「皇室典範改正案」見直し | Main | 富田メモの真相を国会も調査せよ »

September 06, 2006

日韓EEZ交渉が終了 これ以上交渉しても無駄!

 読売新聞のページに「『事前通報』合意できず、日韓EEZ交渉が終了」という記事がある。

 予想通りとはいえ事前通告すら合意できないとは。韓国は「反日」の象徴として竹島問題を煽っているから、妥協することなどできない。話し合いなどしても無駄だ。

 日本が環境調査を9月末以降に竹島周辺で実施すれば、調査海域に韓国が警備艇を派遣し衝突する事態も想定されるというが、望むところではないか。

 日本政府ははっきりと領土問題として竹島問題を取り上げるべきだ。一体何のための自衛隊か。

 記事を抜粋する。

 ↓ここから
日韓両政府が当地の韓国外交通商省で行っていた排他的経済水域(EEZ)境界画定交渉は5日、進展のないまま次回交渉を東京で開くことで合意し、終了した。

 竹島(韓国名・独島)周辺など境界未画定海域で海洋調査を行う際、お互いに連絡し合う「事前通報制度」導入についても合意に至らず、同交渉とは別に協議を継続させることで一致した。

 両政府は交渉で原則的な立場を崩さず、「国際法に従って、合意により画定を行えるよう交渉を加速させていく」との原則を確認したにとどまった。次回日程については今後詰めるが、双方とも年内には行いたいとしている。一方、事前通報制度については、双方が基本的な考え方を述べ合っただけで、日本は韓国側から前向きな姿勢を引き出すことはできなかった。

 外務省の谷内正太郎外務次官は5日夜、日韓外務次官級戦略対話に出席するためソウル入りした。韓国の柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商省第1次官が6日昼から協議できると伝えてきたため、ソウル入りを1日早めた。日本側は旧ソ連が日本海に投棄した放射性廃棄物の影響に関する環境調査を、9月末か10月にも竹島周辺などで実施する方向だ。しかし、このまま調査を実施すれば、調査海域に韓国が警備艇を派遣し、衝突する事態も想定される。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 安倍氏「皇室典範改正案」見直し | Main | 富田メモの真相を国会も調査せよ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11788675

Listed below are links to weblogs that reference 日韓EEZ交渉が終了 これ以上交渉しても無駄!:

« 安倍氏「皇室典範改正案」見直し | Main | 富田メモの真相を国会も調査せよ »