September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 安倍首相が電話会談 | Main | 日本が、中国の軍事力に独自で対応できないままでいいのか! »

September 28, 2006

安倍政権は日韓関係の改善に好機になるか!?

 中央日報のページに「安倍政権、韓日関係の改善に好機」という記事がある。もちろん手前勝手な説である。説では「日韓関係の改善」の必要性を説くが、一体、韓国の方から改善に向けた努力をしたことが今まであっただろうか。否。反日を国是とし、関係改悪に進めてばかりである。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 何よりも安倍政権は小泉政権によって極端的に悪化した近隣外交を復元しなければならない状況に直面している。安倍氏としても政界と財界、国民が求めている近隣外交の復元を全く無視するのは難しいだろう。安倍政権が安定的に進むためには、9カ月後の参議院選挙で善戦しなければならない。そのためにも安倍氏は近隣外交を改善するための措置を取り、野党の批判を乗りこえると同時に外交業績をアピールすべき必要性を痛感している。
 (略)
 安倍氏は首脳会談の開催を通じた近隣外交の復元に積極的に臨む可能性が大きい。約5年ぶりに行なわれた日本の政権交代は、韓国の取り組み方次第では関係改善の好機になるだろう。考えてみれば、昨年の春から急速に冷え込んだ関係悪化の原因を提供したのは日本側だった。独島(ドクト、日本名・竹島)、教科書、靖国参拝問題をめぐる対立は、小泉政権の無神経な「先制行為」からはじまった
 ↑ここまで

 日韓関係が冷え込んだのは小泉政権の問題ではなく、日本の世論によるものだ。今まで多くのマスコミにより封じ込まれていた韓国の悪しき正体が、ネットなどで公になったからだ。

 政権が変わっても韓国に対する世論はそうはぶれないと思っている。

人気blogランキングへ→banner_01

« 安倍首相が電話会談 | Main | 日本が、中国の軍事力に独自で対応できないままでいいのか! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/12070734

Listed below are links to weblogs that reference 安倍政権は日韓関係の改善に好機になるか!?:

« 安倍首相が電話会談 | Main | 日本が、中国の軍事力に独自で対応できないままでいいのか! »