September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国の法律や政策・制度まで日本のパクリだったとは! | Main | 中国のパクりに困る韓国 日本の気持ちが少しは分かるか? »

August 24, 2006

中国での南京虐殺訴訟をそのまま報道する朝日!

 朝日新聞のページに「日本の著者らに賠償命令 中国での南京虐殺訴訟」という記事がある。日本国内での出版物に対して中国で判決が出ても、何ら従う義務は無い。にもかかわらず朝日はそのままを記事にし、日本に賠償するよう求めている。朝日は無法国家(人治国家)で独裁国家の中国寄りの記事を報道することにより、南京大虐殺を否定した著者と著書にダメージを与えるのが目的であろう。朝日は言論の自由すら中国に売り飛ばしてしまったのか。

 以下に記事全文を引用する。

 ↓ここから
 中国人女性、夏淑琴(シア・シューチン)さん(77)が、日本で出版された2冊の本の中で「自分が南京大虐殺の被害者でないように書かれ、名誉を傷つけられた」として、著者2人と出版社に計160万元(約2400万円)の損害賠償と、日中両国の主要紙での謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の判決が23日、中国江蘇省南京市の玄武区人民法院(裁判所)であった。同法院は原告側の主張を全面的に認め、計160万元を支払うように著者2人と出版社に命じた。また日本国内での出版差し止めと、日中主要計6紙に謝罪広告を出すことも命じた。

 被告側は出廷しておらず、判決内容がただちに実行される見通しは立っていない。原告側によると、南京虐殺を巡る対日訴訟が、中国の裁判所で争われたのは初めてという。

 訴えられていたのは「『南京虐殺』の徹底検証」の著者の東中野修道・亜細亜大教授と、「『南京虐殺』への大疑問」の著者の松村俊夫さんの2人、出版元の展転社(東京都文京区)。

 夏さんは2000年、両書の中で夏さんが事実をでっちあげたなどと書かれ、名誉を傷つけられたとして提訴していた。夏さんは1937年、旧日本軍が南京を攻略した際、9人家族のうち7人が殺害されるなかで生き残ったと主張していた。

 この日、日本人記者の法廷内での傍聴は中国当局から認められなかった。

 夏さんは判決後、記者団に対し「大変うれしい。年をとっているので、(判決内容を)早く執行してほしい」と語った。
 ↑ここまで

 なお、産経新聞のページには、原告の言い分だけでなく、被告である日本の出版社の反論も掲載している。これがあるかないかで、読者の受けるイメージは大きく異なるだろう。不偏不党というなら、中国寄りの報道は止めるべきではないか。産経新聞から反論部分を抜粋する。

 ↓ここから
 中国江蘇省南京市の裁判所が出した判決について、被告の展転社(藤本隆之社長・東京都文京区)は23日、「いわゆる“南京裁判”への我が社の立場」との声明を発表した。

 声明は今回の判決について、「歴史事件への純粋な学術研究を政治的に抹殺しようとする意図に疑問を感じる。これは裁判の名を借りたわが国の『言論の自由』に対する挑戦であり、内政干渉以外のなにものではない」としたうえで、「そもそも国際裁判管轄権がない中国の法廷に出廷する義務はなく、国際法上裁判そのものが成立しない」と反論した。

 また、同じく被告の東中野修道氏は産経新聞の取材に対し「中国の民法146条と日本の民法によれば、不法行為は不法行為が発生した地の法律で裁かれるべきであり、日本の法律に基づいて審議されるべきだ。従って南京の裁判所にはこの裁判を行う権限がない。法治国家に生きる人間として、この判決を認めるつもりはない」と語った。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 韓国の法律や政策・制度まで日本のパクリだったとは! | Main | 中国のパクりに困る韓国 日本の気持ちが少しは分かるか? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11584207

Listed below are links to weblogs that reference 中国での南京虐殺訴訟をそのまま報道する朝日!:

« 韓国の法律や政策・制度まで日本のパクリだったとは! | Main | 中国のパクりに困る韓国 日本の気持ちが少しは分かるか? »