September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 靖国参拝 嘆かわしい朝日の論法 | Main | 積水ハウスの人権問題への取組み »

August 04, 2006

しかるべき行動に期待

 昨日、「ニセモノのかっぱえびせんが日本で堂々と販売されている! 輸入者は(株)農心ジャパン」と書き、カルビー(株)様の問合せ窓口に連絡したところ、早速返事をもらった。一部を抜粋する。

 ↓ここから
かっぱえびせんに似た韓国製のお菓子があることは、カルビーでも
把握しておりますが、技術提携等はしておりません。

かっぱえびせんは、1964年発売のカルビーオリジナル商品です。
パッケージのデザイン、商品名とも日本では商標登録をしております。
お知らせいただきましたメーカーの農心様は、日本でも商品を発売しております。

この件に関しましては、カルビーではしかるべき行動をしております。
お知らせいただき、ありがとうございました。
 ↑ここまで

 日本の製菓業界の市場規模は横ばいで、パイの奪い合いになっている。少子化の影響で駄菓子など子供向けの菓子は売り上げが減っている企業もあるし、虚礼廃止で進物菓子も伸び悩んでいるという。このような状況で、各製菓業者は新商品の開発に力を入れている。が、商品のライフサイkルは短くなっている。売れ続ける定番商品を増やそうと、どの企業も切磋琢磨しているのだ。

 このような厳しい状況の中で、他社製品を堂々と真似て売るなど、許されない。わしが子供のころのおやつといえば、かっぱえびせんだった。お祖母ちゃんがよく買ってきてくれたものだ。今でもかっぱえびせんを食べると亡くなったお祖母ちゃんの事を思い出してしまう。そんな思い出のお菓子(大袈裟か?)をパクるとは許せない。

 農心が韓国内だけでなく、日本で堂々とパクリ商品を販売する神経が全く信じられない。カルビー様のしかるべき行動の成果が出ますように。

人気blogランキングへ→banner_01

« 靖国参拝 嘆かわしい朝日の論法 | Main | 積水ハウスの人権問題への取組み »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11266556

Listed below are links to weblogs that reference しかるべき行動に期待:

« 靖国参拝 嘆かわしい朝日の論法 | Main | 積水ハウスの人権問題への取組み »