September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国「深い失望と怒り」 | Main | 河野議長が全国戦没者追悼式で戦犯の責任を追及! »

August 15, 2006

中国外務省「強烈抗議」

 産経新聞のページに「首相靖国参拝で中国外務省『強烈抗議』」という記事がある。

 「中国外務省は15日、小泉純一郎首相による終戦記念日の靖国神社参拝に対し、『強烈に抗議する』とした外務省声明を参拝の30分後という異例の速さで発表した。強い抗議を伝えることが狙いだが、両国が『共に』努力する姿勢を強調しており、次期政権に慎重な対応を取るよう促すメッセージの側面が強い。参拝は中国中央テレビが繰り返し伝えた」。

 次期首相も続けて靖国に参拝することが、靖国カードを無効化する必須条件である。中国外務省の声明要旨に対して意見を書く(括弧内)。

・小泉純一郎首相がA級戦犯を祭る靖国神社にまたもや参拝した。中国政府は、侵略戦争の被害国民の感情を深く傷つけ、中日関係の政治的基礎を破壊する行動に対し、強く抗議する。
 (日本は中国、即ち中華人民共和国とは戦争をしていない。戦争をした相手は中華民国である。しかもそれは侵略戦争ではない。日本が支那事変と呼ぶように、すぐに収束するはずだった。中共が日本と中華民国を挑発したという説が有力だ。また支那事変の間に「国共合作」と言いながら勢力を拡大したのが中共であった。周恩来は日本に「謝罪する必要ない」と言っている。支那事変で国民党を痛めつけたからである。)

・A級戦犯は侵略を計画し、指揮した者である。国際社会を無視し、参拝したのは、国際正義への挑戦であり、人類の良識を踏みにじるものだ。
 (A級戦犯の定義が間違い。それに中国はサンフランシスコ平和条約を結んていない。国際社会云々を言う資格など無い。)

・中国は日本による侵略戦争の最大の被害国だ。歴史を正しく認識することは、両国がともに未来へ向かう前提である。小泉首相が絶えず歴史問題で中国人民の感情を傷つけることは、国際社会だけでなく、日本国民の信頼も失い、日本の国家イメージと国益を損ねる。
 (大東亜戦争の最大の被害国は日本ではないかと思うようになった。多額の資本を満州や朝鮮、台湾に注ぎ込み、本土以上の近代化を進めたのに、敗戦ですべて取り上げられてしまった。)

・日本各界の有識者が歴史の潮流を認識し、政治的障害を取り除いて中日関係を早期に正常な発展の軌道に戻すよう努力すると信じている。
 (政治的障害の最たるものは、中国共産党の存在だろう。独裁国から民主主義国になれば、チャイナリスクが減り、日中関係もおのずから進展するだろう。)

人気blogランキングへ→banner_01

« 韓国「深い失望と怒り」 | Main | 河野議長が全国戦没者追悼式で戦犯の責任を追及! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11445385

Listed below are links to weblogs that reference 中国外務省「強烈抗議」:

« 韓国「深い失望と怒り」 | Main | 河野議長が全国戦没者追悼式で戦犯の責任を追及! »