September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« うんざりしているのは日本 | Main | 首相の靖国参拝支持60% »

August 07, 2006

東亜日報の内政干渉まがいの社説「日本、平和憲法を揺さぶって北東アジアの平和を壊すのか」

 東亜日報のページに「日本、平和憲法を揺さぶって北東アジアの平和を壊すのか」という社説がある(7日付)。日本のサヨクが喜びそうな内容だ。日本が自国の憲法をどう変えようが勝手だ。憲法第9条を改正したら、「おぞましい軍国日本の復活が脳裏に浮ぶ」らしい。

 日本の領土である竹島を軍事力で侵略・支配し、過去に遡って「親日」の財産を没収し、大統領自身が「日本と同じ世界にいることが不幸」とか「どのような犠牲を払っても竹島を守る」という韓国。同胞の北朝鮮と本質は同じである。

 社説を引用する。

 ↓ここから
安倍晋三官房長官をはじめとする日本のニュー・リーダたちが最近、「日本は『集団的自衛権』を行使すべきだ」と声を高めている。安倍長官は先週の記者会見で、「国際法上の集団的自衛権を日本だけが行使できないと言うことは、自ら禁治産者になることだ」と述べた。谷垣禎一財務相は、「自衛権を認める改憲を推進すべきだ」と述べ、麻生太郎外相は、「法律を守って国家がつぶれては具合が悪い」と主張した。

太平洋戦争を起こした「戦犯国」として、日本は反省を示すために「永遠に戦争を放棄する」と誓った平和憲法を制定した。陸海空軍およびいかなる戦力も持たず、国家の交戦権も認めないと憲法(9条)で釘をさしたのだ。同盟国に対する武力攻撃を自国に対する攻撃と見なして反撃できる集団的自衛権も然りだ。小泉首相ですら「(集団的自衛権は)憲法を変えなければならない権利」と言ってきた。

にもかかわらず、日本の未来を担うニュー・リーダたちが聖域を破って日本を「戦争ができる国」に変えたいというのだ。世界のすべての国が、「他人の戦争」に巻き込まれることを憂慮する集団的自衛権の行使を、日本の新しいリーダーたちが希求するのを見て、北東アジアの未来への不吉な予感を拭えない。おぞましい軍国日本の復活が脳裏に浮ぶ。

ただでさえ、日本社会の右傾化ブームは、ますます激しくなっている。小泉首相は9月の辞任前に、もう一度靖国神社を参拝するとみられているうえ、次期首相として有力な安倍長官は、4月15日にすでに参拝していた事実が明るみになった。中国は即時に遺憾を表明したが、日本は気にも止めない雰囲気だ。このままでは、神社参拝ぐらいは日常のことになってしまうかも知れない。

日本は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)から日清戦争、日露戦争、太平洋戦争に至るまで、北東アジアを戦禍に追い込んだ主犯だ。その悲劇の歴史を繰り返さないためにも、平和憲法を揺さぶってはならない。
 ↑ここまで

 「法律を守って国家がつぶれては具合が悪い」のは常識。両班のうち文官が強かった李氏朝鮮には、それがわからなかったようだが。

 日本を「戦争ができる国」にしたいのではない。普通に防衛できる国にしたいだけだ。(残念ながら)現状ではアメリカに依存している部分が大きいので、集団的自衛権は外せない。集団的自衛権は国連憲章にも認められている。

 「日本社会の右傾化ブーム」とあるが、ブームではない。多くのマスコミに騙されていた、又は口を閉ざされていた多くの日本人が真実の声を上げ始めたのだ。右傾化とあるが、左からニュートラルにシフトしつつあるというのが、わしの認識だ。

 「このままでは、神社参拝ぐらいは日常のことになってしまう」。それでいいじゃないか。

 「日本は壬辰倭乱(文禄・慶長の役)から日清戦争、日露戦争、太平洋戦争に至るまで、北東アジアを戦禍に追い込んだ主犯だ」。

 しかし、豊臣秀吉の朝鮮出兵まで言うか、普通。日本がまるで軍国主義国家であるかのように読める。韓国などついすう20数年前まで軍事政権国家ではなかったか。

 日清戦争や日露戦争など、朝鮮半島に自立した国家があれば、起こらなかった。日本が自国防衛のため、やむをえず韓国の独立のために戦ったようなものだ。誰が好き好んで戦争などするものか。それに日本の税金をなぜ朝鮮半島になど投資せねばならなかったのか。歴史の事実をみればわかることだ。それを「戦禍」に追い込んだという。恩知らずもはなはだしい。

 いつまでたっても夜郎自大だから、世界中から嫌われるのだ。

人気blogランキングへ→banner_01

« うんざりしているのは日本 | Main | 首相の靖国参拝支持60% »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11320737

Listed below are links to weblogs that reference 東亜日報の内政干渉まがいの社説「日本、平和憲法を揺さぶって北東アジアの平和を壊すのか」:

« うんざりしているのは日本 | Main | 首相の靖国参拝支持60% »