September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 大宰相 | Main | 壊れかた指南 »

August 02, 2006

富田メモと増原発言 日経・マスコミはご都合主義!

 産経新聞7月26日の正論「日本大学教授・ 立憲君主のお立場と私的ご見解は別 『天皇の政治利用』許してならず」(百地章氏)を読んで、昭和48年の「増原発言」の事を思い出した。

 ↓ここから
 これは、増原長官が防衛問題について昭和天皇に内奏した際、陛下から「国の守りは大事なので、しっかりやってほしい」とのお言葉があったことに感激、記者団に披露したというものである。野党はこれに激しく反発、マスコミも「天皇の政治利用」に当たるとして厳しく批判し、結局、増原長官は更迭されることになった。

 この時、朝日新聞は社説で、「増原長官の発言は(略)天皇のお言葉を政治的に利用しようとするもの」であり、「『国民統合の象徴』たる地位に傷をつけることになりかねない」と述べている(昭和48年5月30日付)。

 また、日本経済新聞の社説も「防衛力増強に関し天皇の内々のご発言を政治的に利用したととられてもしようのない“増原発言”」(同5月31日付)と手厳しい。
 ↑ここまで

 ところが今回の富田メモの扱いはどうか。「ところが今回の富田メモについて、朝日新聞は『昭和天皇の重い言葉』、日本経済新聞は『昭和天皇の思いを大事にしたい』と題する社説を掲げ(ともに7月21日付)、昭和天皇の個人的なご見解を根拠に、分祀をあおっている。これは明らかに矛盾である」。

 普段、天皇や皇室を軽視し皇室をなくそうとしているくせに、「天皇のお言葉」を利用する。恥も外聞もないといえる。それを言っちゃあお仕舞か。

 ところで、皇国史観研究会さんが、日経に公開質問状を送ったそうだ(返信用の切手まで同封して)。日経、ちゃんと回答しろよ。

 それはそうと、今年は皇紀二六六六年。日本史や世界史を学ぶとわかるが、2600年以上続いた国は日本以外に存在しない。中国など4000年の歴史などとほざいているが、王朝が交替したら前王朝の人物は皆殺しにしていた。断続的に国が出来たにすぎない。日本では誰が政権を担っていても皇室は維持されてきた。日本以外ではありえない。特殊なのだ。

 わしは、このような特殊性を持つ日本の歴史を理解するのには皇国史観しかない、という結論に至った。キリスト教的歴史観(今の世界史がそう)、マルクス主義的歴史観(多くの歴史教科書が冒されている)、等々を当てはめても無駄だ(所謂自虐史観など言うまでも無い)。

人気blogランキングへ→banner_01

« 大宰相 | Main | 壊れかた指南 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11219906

Listed below are links to weblogs that reference 富田メモと増原発言 日経・マスコミはご都合主義!:

« 大宰相 | Main | 壊れかた指南 »