September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国人は志願兵で「強制」ではなかった 東京新聞やTBSの報道姿勢を疑う | Main | 中・韓「靖国参拝を1回限り容認」とは何事か! »

August 12, 2006

「市民団体」と「民族派団体」 朝日の扱いはこうだ

 「韓国人は志願兵で「強制」ではなかった 東京新聞やTBSの報道姿勢を疑う」と書いたところだが、朝日新聞のページにも、「靖国神社合祀、首相参拝に抗議のキャンドルデモ」という記事が載った。朝日は「生きている間は強制徴用され、死んでからは魂を靖国に縛り付けられている」などという嘘をそのまま載せてはいない。

 ただ、韓国などの遺族とともにデモを行ったのは日本の「市民団体」で、「靖国神社の冒涜は許さないぞ」と声を張り上げたのは日本の「民族派団体」であるという。

 この扱いの違いは何か。いつもながらの朝日の偏向報道だと思うがどうか。記事を引用する。

 ↓ここから
 韓国や台湾の戦争犠牲者の遺族らが日本の市民団体と連名で11日、小泉首相の靖国神社参拝中止を求める要請書を内閣府を通じ提出した。韓国の国会議員でつくる「靖国神社関連真相調査団」のメンバーも来日し、集会に合流。日本政府と靖国神社に対し、韓国人合祀の経緯などをただす質問書を提出する。

 参加者らは11日夜、ろうそくを手に、霞が関や日比谷公園周辺をデモ行進し、首相ら閣僚の参拝中止や、韓国人・台湾人の合祀取り下げを訴えた。これに対し、民族派団体が「靖国神社の冒涜は許さないぞ」などと、デモ隊の前で声を張り上げる場面もあった。

 小泉首相の靖国神社参拝を違憲とする訴訟を起こした日本の市民らが、靖国神社への家族の合祀取り下げを求める韓国・台湾の遺族や支援者を招き、約200人が来日。「平和の灯を! ヤスクニの闇へ キャンドル行動」と称し、15日まで連日、集会やデモを計画している。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 韓国人は志願兵で「強制」ではなかった 東京新聞やTBSの報道姿勢を疑う | Main | 中・韓「靖国参拝を1回限り容認」とは何事か! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11393268

Listed below are links to weblogs that reference 「市民団体」と「民族派団体」 朝日の扱いはこうだ:

» 靖国神社参拝問題で思うこと [ブログアフィリエイトで世界一周旅行]
靖国神社参拝問題について最近またニュースになることが多くなってきたので、珍しく記事にしてみた。 [Read More]

« 韓国人は志願兵で「強制」ではなかった 東京新聞やTBSの報道姿勢を疑う | Main | 中・韓「靖国参拝を1回限り容認」とは何事か! »