September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 共同通信「次期首相の参拝44%反対」 | Main | 韓国「分祀でも靖国参拝容認せず」 本性見せた! »

August 16, 2006

公開質問状に回答できない日経 公器としての責任を果たせ!

 皇国史観研究会さんが、冨田メモについて公開質問状を送ったが、結局回答できていない。質問状を無視しようとした形跡さえ見られる。これでは公器としての資格なしだ。

 同ページの「日経の闇を突く! 第九弾 回答を放棄か!?」には次のようにある。公開質問状を日経に送って10日後に電話をした結果の記述だ。

 「公開質問状への回答もせず、電話でも回答しないで、何が『読者応答センター』か。マルチ商法の企業でも、もう少しマシな対応をすると思うが、国民の疑問に答えれないのは公器としての新聞の責任を放棄している」。

 そして「日経の闇を突く! 第十一弾 回答モドキが来た!」とある。文書での回答を拒否し、電話で回答をするものの、全く回答になっていない。日経との会話は同ページを参照してほしい。結論はこうだ。一部引用させてもらう。

 「会話は以上だ。見ての通り、答えられないの連呼だが、朝日新聞がメモ入手時期について訂正を出していない、メモの当該箇所公表には遺族の了承があった富田長官が徳川侍従長にあっていない証拠はない、など、今後の議論の上で重要な発言があった」。

 「ただし、これは公式回答とするには余りにお粗末すぎる。肝心の検証部分が『答えられない』で、徳川侍従長と会っていない証拠はないが、会った証拠もないから多分会っていないんだろう、という判断は報道機関の姿勢ではないだろう」。

 「そもそも、『なぜ間違ったのかという検証はありえますが、逆はありえません』というのでは検証にならないではないか。結局のところ日経は“書き逃げ”をしたと判断しても仕方ないようだ。いま問われているのは、取材のプロセスとしてではなく、検証過程とその実態そのものであり、それについて日経は何も答えを出せていない」。

 日経新聞など信用できない。この間は社員によるインサイダー取引があったばかりだし。次の本をお勧めする。あまり本屋では見かけない。近所の図書館にもない。

 東谷暁「日本経済新聞は信用できるか」(PHP研究所)

 「7月20日の『富田メモ』報道に関連する情報開示等を求める要望」に署名を!

人気blogランキングへ→banner_01

« 共同通信「次期首相の参拝44%反対」 | Main | 韓国「分祀でも靖国参拝容認せず」 本性見せた! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11466103

Listed below are links to weblogs that reference 公開質問状に回答できない日経 公器としての責任を果たせ!:

« 共同通信「次期首相の参拝44%反対」 | Main | 韓国「分祀でも靖国参拝容認せず」 本性見せた! »