September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国・北朝鮮の嘘を見破る | Main | 中国での南京虐殺訴訟をそのまま報道する朝日! »

August 22, 2006

韓国の法律や政策・制度まで日本のパクリだったとは!

 「韓国・北朝鮮の嘘を見破る」に、「『韓国の経済発展には韓国モデルがある』と言われたら」という節がある。

 韓国の法律などについては余り知らなかったので、これを読んで仰天した。韓国の法律は日本の法律のパクリが元になっている。政策も制度も政府機構も日本のパクリだという。

 大韓民国という国の制度そのものを日本からパクったと言っても過言ではない。韓国は「日本帝国領朝鮮の継承国家」であったから、全く日本を真似るのに抵抗を感じなかったのだ。

 文中に「国家の法的構造は日本から引き継ぎ、民法、刑法など日本時代の主な法律が移用されている」とある。韓国が日本の民法を翻訳して韓国法として施行したのは一八九六年であった。当時、「独立国としての朝鮮王国が存在していたのに、大韓民国はそれをわきにおいて、当時まだ外国だった帝国日本の立法過程をそのまま自国のそれとみなした」。

 「刑法の移用は一九五三年まで、刑事訴訟法は一九五四年、民法と民事訴訟法は一九六〇年、商法、有限会社法、手形法、小切手法に至っては解放後十七年たった一九六二年まで続けられた。新たに制定された法律も日本法を継受したもので、商法の冒頭部分のように今なお実質的に同文のものも少なくない。税制も、日本時代末期と朝鮮戦争直前の時期を比較すると、簡素化はされているものの大半の税目は共通しており、その時点で新設されたものはわずかしかない」。

 戦後も日本の法律のパクリが続けられていた。「光復」などと言っているくせにね。

 戦前も終戦後も、韓国における対日感情は悪くなかったという。日本人も韓国人も一緒に仕事をしていたのだから。

 「このような国、このような人々の眼前で、一九五〇年代後半から、日本の先進工業国への躍進のドラマが演じられた。言語の壁はなく、膨大な日本資料の読み込みも『書き写し』も容易で、基本の制度が共通しているから何を取り入れてもぴったり接合する。この国の人々が、日本の軌跡を丸ごと再現しようと考えなかったとしたら、むしろその方がふしぎである」。

 つまり、韓国の経済発展(漢江の奇跡)は、日本を手本にしたからであると言える。更に日本から「賠償金」をうけとっている。うまくいかないはずがない。

 韓国もいい加減に「日帝36年」とか侵略とか、言うのを止めればどうか。もし歴史の真実に気付いたら最後、生きる支えをなくしてしまうかもしれないぞ。まあ一生気付かないのだろうなきっと。南北ともに崩壊すればよかろう。

人気blogランキングへ→banner_01

« 韓国・北朝鮮の嘘を見破る | Main | 中国での南京虐殺訴訟をそのまま報道する朝日! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/11561500

Listed below are links to weblogs that reference 韓国の法律や政策・制度まで日本のパクリだったとは!:

« 韓国・北朝鮮の嘘を見破る | Main | 中国での南京虐殺訴訟をそのまま報道する朝日! »