September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 万景峰号半年間入港禁止に対して朝鮮総連は... | Main | ニュース23がまた字幕改竄!? »

July 08, 2006

北朝鮮ミサイル発射の底流には靖国問題???

 7月6日の朝日新聞社説のタイトルは「北朝鮮ミサイル発射 無謀な行動に抗議する」だ。さすがに社民党や共産党でさえもミサイル発射に抗議する状況では、北朝鮮に甘い社説は書けなかったのであろう。

 だが、「無謀で無責任な行動に強く抗議する」と書くが、「国連の安全保障理事会は緊急会合を招集した。北朝鮮に強いメッセージを送る必要がある。いたずらに危機をあおっても逆効果であること、6者協議に誠実に向かい合ってこそ生きる道が開けてくることをはっきりと伝えるべきだ」と言うだけ。日本の防衛については一言も述べていない。相変わらずだ。

 さらに「日中韓連携を強めよ」とある。次の通りだ。

 「 ミサイル発射と時を同じくして、韓国の海洋調査船が竹島周辺の、日本が主張する排他的経済水域(EEZ)に入った。日本の抗議は無視された。この問題では双方が突っ張り合い、感情的なもつれを増幅させるばかりだ」。

 「底流には、盧武鉉大統領の民族感情をあおる強硬姿勢とともに、小泉首相の靖国神社参拝も大きく響いている。靖国問題は、日中でも首脳の相互訪問をもう5年も閉ざしている」。

 日中韓の連携ができないのは、日本が悪いという言い方だ。

 朝日の言うままであれば、北朝鮮から日本に向けてミサイルが飛んできても対処すらできない。中国の尖閣諸島周辺海域の無断調査やガス田問題などを抑止することすらできない。

 7月7日の産経新聞の「産経抄」には次のようにある。

 「中国にとっては、日本がなんと言おうと、金正日体制が崩壊すれば大混乱するであろう隣国を現状維持する方が重要なのだ。『首領さま』がどんな圧政をしようと、ミサイルを乱射しようと見て見ぬふりをしている」。
 「嘆かわしいのは、北朝鮮問題で日中の連携ができないのは、首相が靖国を参拝するから、との言説を吐く新聞やしたり顔のコメンテーターがいることだ。中国は自国の国益に沿って行動しているだけで、たとえ首相が靖国参拝を中止しても同じ。日中友好が第一、とのんきに言っているお人よしもそろそろ目を覚ました方がいい」。

 北朝鮮を甘やかし、瀬戸際外交を許してきたがゆえに、今回のような事態を招いているのだ。国際的な制裁に協力しない中国とロシアは、北朝鮮(南も)と同じくならず者国家の一員であることを認めたようなものだ。

 1998年8月31日に、北朝鮮のテポドンが日本上空を横切った。このとき、朝日は社説で次のように書いている。

 「1994年の米朝合意に基づく軽水炉の提供事業は、北朝鮮の核開発を押しとどめるためのものだ、という事実である。日本が十億ドルを分担することが決まっている。その枠組みを壊すことは許されない」。
 「また、構造的な食糧危機にあえぐ北朝鮮への支援をいつまでも止めておくこともできないだろう」。
 「日本国内では防空体制の不備を指摘する議論が盛んだ。偵察衛星の必要性も指摘されている。戦域ミサイル防衛(TMD)の日米共同研究を推進すれば、たやすく弾道ミサイルの脅威に対抗できるかのような誤った議論もある」。
 「心すべきは、防衛体制の強化がこの地域の軍拡競争を促す恐れがあることだ。安全保障議論に大切なのは、長期的な視野に立った、冷徹で合理的な思考である」。(1998年9月5日)

 朝日の社説は現状と明らかにかけ離れている。長期的な視野に立たず、冷徹にはほど遠く、非合理的である。

 また、テポドンに関して、拉致問題を日朝国交正常化の「障害」であると言い切った社説がある。

 「日朝の国交正常化交渉には、日本人拉致疑惑をはじめ、障害がいくつもある」。
 「しかし、植民地支配の清算をすませる意味でも、朝鮮半島の平和が日本の利益に直結するという意味でも、正常化交渉を急ぎ、緊張緩和に寄与することは、日本の国際的な責務といってもいい」。

 それにしてもとんでもない社説だ。朝日の社説の逆の政策をとれば日本はうまくいくという話があるが、上記の社説などその通りである。

人気blogランキングへ→banner_01

« 万景峰号半年間入港禁止に対して朝鮮総連は... | Main | ニュース23がまた字幕改竄!? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/10844160

Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮ミサイル発射の底流には靖国問題???:

» 溢れ出す前に~防波堤~ [不良品(仮)]
海はきれいだ。 海は大きい。 海は荒れ狂う。 海は穏やかだ。 海は怖い。 海は静かだ。 海は恐ろしい。 時にやさしく、時にきびしく。ひいたり、おしよせたり。 地球の七割は海である。 人間の七割は水である。 ?これでわかっ... [Read More]

« 万景峰号半年間入港禁止に対して朝鮮総連は... | Main | ニュース23がまた字幕改竄!? »