September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 取り調べ録画 朝日も試してみては | Main | 桃色風呂井戸 »

May 19, 2006

いまだに「対話と圧力」とは

 5月17日の朝日社説は「拉致家族 共感の輪を広げたい」だ。横田滋さんがソウルを訪問し、北朝鮮に拉致された金英男さんの母親と会ったことについての社説だ。抜粋してみる。

 「この問題に対する韓国内の関心は低かった。分断によって生き別れた『離散家族』が南北の人口7千万のうち1千万人にのぼると言われる現実があるからだ。韓国民にとってはそれ自体が身近な悲劇であり、拉致の深刻さは相対化されがちなのだ。拉致に焦点を当てる日本に対し、『日本だって、植民地時代に多くの朝鮮人を連れ去ったではないか』という目で見る韓国人も少なくない」。

 日本による朝鮮人の強制連行は虚構であり、そう見る韓国人が多いのは韓国内での反日教育のせいである。その旨に触れておかないと、朝日の言い方は北朝鮮の主張と同じだ。そして朝日はいまだに次のように言っている。

 「しかし、北朝鮮への態度には隔たりも大きい。横田さんたちは制裁で圧力をかけるべきだと言い、韓国政府は融和的に臨んで解決していこうとの立場だ。どちらか一方の方法だけで展望が開けるとは思えない。やはり、対話と圧力を組み合わせて解決を迫るのが現実的なアプローチではないか」。

 対話など何の役にもたたない。相手は独裁者である。

 「拉致問題だけを動かそうとしても難しい。北朝鮮の核問題や日米との国交正常化などを含めた包括的な戦略が必要だ。それには日米韓の連携が欠かせない。そういう大事な時なのに、日本と韓国の政治関係は凍りついている。こんな関係にしてしまった両国の政治家の責任は極めて重い」。

 独裁国家と国交正常化が必要か? 常識に反する。そして日韓関係の「悪化」を両国の政治家の責任にする。日本国内の靖国問題を理由にして会談を拒みつづけているのはどちらか。

 以下に、18日の産経新聞の「産経抄」から抜粋する。色眼鏡なしで読めば、どちらが正常な感覚か一目でわかるだろう。

 ↓ここから
 韓国の盧武鉉政権とはなんというバチ当たりなのだろう。北朝鮮に拉致された日本と韓国の被害者家族がはじめて対面したというのにしかめっ面の迷惑顔だった。北朝鮮に気兼ねして、将軍様の顔色ばかりうかがう。

 統一相は横田めぐみさんの父親、滋さんの訪韓について、「面会する必要性はない」「北朝鮮の体面を傷つけるやり方はしない」のだそうだ。なんというつれなさか。気兼ねする相手が、拉致と麻薬と偽札づくりの得意な独裁者であることを忘れるな。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 取り調べ録画 朝日も試してみては | Main | 桃色風呂井戸 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

文字の色使い分けた方が見えやすくなりますよ

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/10141300

Listed below are links to weblogs that reference いまだに「対話と圧力」とは:

« 取り調べ録画 朝日も試してみては | Main | 桃色風呂井戸 »