September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 職員会議で挙手・採決を禁止 都教委よくやった! | Main | 桂枝雀爆笑コレクション 5 »

April 15, 2006

朝日と毎日が社説で都教委の通達を批判 予想通りだ

 朝日新聞と毎日新聞が15日の社説で、前日に東京都教委が『職員会議で挙手や採決によって教職員の意向を確認するような運営は行わない』と通達したことを批判している。

 朝日: 「採決禁止 東京の先生は気の毒だ」
 毎日: 「教職員会議 挙手・採決禁止は大人げない」

 そもそも通達が出された理由は、教師が校長の指示に従わないため、学校運営が円滑に出来ないからであろう。実際、広島県などでは校長が自殺に追い込まれている。

 また、共産主義や階級闘争を教育の場に持ち込む教師が多い。行き過ぎた男女平等や人権擁護も、正常な学校運営を妨げている。たとえば、犯罪を犯した生徒を処分したり、成績不良で留年を決めたりする場合、当然校則や規則に従って決定するのだが、「生徒の人権を侵害している」などと騒ぎ出して会議を紛糾させる教師がいるのだ。そして校長に「現場の教師の意見を聞け」などと言う。

 朝日にせよ毎日にせよ、社説では学校の異常さについて全く言及していない。近所の学校に取材に行けばすぐにわかる話だ。特定の教師の立場から見ただけの社説など要らない。

 朝日の社説から抜粋する。

 「賛成か反対か、採決によって多数意見を決める方法は、民主主義の大事なルールとして、先生が子どもたちに教えていることだ。その先生たちが、職員会議では挙手も採決も禁じられていると知ったら、子どもたちはどう思うだろう」。

 職員会議で偏向した思想の教師が自説に固執し、会議を妨害していると知ったら、子供たちはどう思うだろう。このような教師がいる以上、挙手も採決も禁じられて当然だ。

 「卒業式などで国旗掲揚や国歌斉唱を強制するにあたって、都教委は国旗の位置などを細かく指示した。通知や指示で学校をがんじがらめにするのが、どうやら都教委の流儀のようだ」。

 通知や指示で学校をがんじがらめにしなければ、学校運営が成り行かないところまできているというのが事実だ。

 「学校の活力は、校長や先生の意欲と熱意から生まれる。先生が決定事項に従わされるだけの存在になれば、学校の活力が失われかねない」。

 上席者の指示に従うのは一般企業では常識だ。それで活力が失われる訳がない。逆に教師の社会が無法地帯なのだ。校長や教頭に楯突いたり、指示に従わなかったりする教師を見て、生徒は悪い影響を受けているだろう。生徒にとってもそうだ。教師も生徒も平等だという考えがまかり通っている。だから教室には教壇がない。教える立場と教わる立場、年長者と年少者とでは、ものの言い方も違ってくるのだが、学校では教えない。社会常識さえ学べないのだ。

 学校を正常化するために、都教委には先陣を切って頑張ってもらいたい。

人気blogランキングへ→banner_01

« 職員会議で挙手・採決を禁止 都教委よくやった! | Main | 桂枝雀爆笑コレクション 5 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/9599458

Listed below are links to weblogs that reference 朝日と毎日が社説で都教委の通達を批判 予想通りだ:

« 職員会議で挙手・採決を禁止 都教委よくやった! | Main | 桂枝雀爆笑コレクション 5 »