September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「こんな日本を誰が隣人だと思うか」と中央日報。その言葉そっくり返してやりたい | Main | 谷内次官の訪韓は「反日」外務省の仕業 »

April 20, 2006

竹島海洋調査を「日本の野望」という朝鮮日報

 朝鮮日報の20日の社説に「日本の野望をくじく戦略をおろそかにしてはならない」というのがある。抜粋する。

 「日本の調査船は、独島の北東部の水域を測量する予定だ。これは独島を基点に設定したものだ。日本は、その目的として対外的には測量活動を掲げているが、その背景には韓国の独島領有権を侵そうとする意図があるのだ。日本の調査船の問題水域に対する測量活動を徹底して阻止しなければならない」。

 独島領有権を侵すのではなく、竹島を取り返すというのが正確なのだが。まあこれはいつもの事。

 「しかし日本との戦いは海上で繰り広げられるだけではない。国際社会という舞台でも同時に進行する戦略と戦術を要する戦いでもある。日本の調査船は国際海洋法上漁船のような民間の船舶ではなく、政府の船舶に分類される。海洋法では政府船舶は領海内でも拿捕できないとされている。従って、海洋警察が日本の船舶を拿捕する場合、日本は直ちにこの問題を国際海洋法裁判所に持ち込むだろう。そうなると独島とその周辺海域は国際社会において紛争地域として浮上し、拿捕行為に対する判決結果も日本に有利になる可能性が高い。日本の挑発戦術はこのようなシナリオを基にしている。海洋法の専門家は、船団を組んで日本の船舶を押し出すやり方で日本の調査船の問題水域への侵入を事前に断つのはよいが、拿捕のような措置は避けるのが賢明だと指摘している」。

 拿捕されるのを覚悟しているかどうかはともかく、測量は日本の当然の権利である。拿捕など不法行為をすれば訴えられて当然。韓国は不利になるのがわかっているではないか。であればやめるべきだ。

 「日本は独島問題を最終的に国際司法裁判所に持ち込む青写真を以前から描いている。そしてその中間段階の戦略は、日本が提訴しても韓国が応じなければ訴えが成立しない国際司法裁判所と異なり、日本の提訴だけでも裁判できる海洋法裁判所を活用するのが狙いだ。今回日本の独島近海の測量活動は、このようなわなを事前に仕掛けておくやり方だ。韓国側の対応がこのようなわなにはまることだけは必ず避けなければならない」。

 国際紛争を国際司法裁判所で解決しようというのは、平和的な解決手段である。日本の「わな」というものではない。「わな」というまで、裁判を嫌うのは、何度も言うが韓国が不当に竹島を占拠している証拠である。ひどい話だ。

 「韓国政府がまっとうに対応できないのであれば、国民が代わりに立ち向かうほかない。国民一人一人が独島を守りきろうとする決然とした意思の下、次の行動を準備するときだ」。

 韓国国民の次の行動とは何だろうか。どう考えても扇動的にしか思えないのだが。...やっぱり大東亜戦争の一番の犠牲者は日本じゃなかったのか。こんな国を統治するために大金を注ぎこんだんだからなあ。今もなお...。

人気blogランキングへ→banner_01

« 「こんな日本を誰が隣人だと思うか」と中央日報。その言葉そっくり返してやりたい | Main | 谷内次官の訪韓は「反日」外務省の仕業 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/9688386

Listed below are links to weblogs that reference 竹島海洋調査を「日本の野望」という朝鮮日報:

« 「こんな日本を誰が隣人だと思うか」と中央日報。その言葉そっくり返してやりたい | Main | 谷内次官の訪韓は「反日」外務省の仕業 »