September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国女性が日本でニュースキャスターに抜てき | Main | Nifty、一体どうなってんだ! »

April 04, 2006

朝日の恥知らず社説ここに極まれり! 事実を踏まえて論じるべきは朝日だ!

 久しぶりのとんでもない社説だ。

 朝日新聞の4非の社説は「侵略と進出 事実を踏まえ論じよう」だ。タイトルを見て目を疑った。TV番組での安倍官房長官が1982年の「教科書書き換え問題」について発言したことについて批判しているのだ。当時、日本の各紙が教科書検定で「侵略」を「進出」と書き換えたと報道したことにより、中国や韓国から抗議され、結果的に教科書検定に干渉されることになってしまった。ところが後日、このような事実はなかったことが明らかになったが、誤報を認めて紙上で謝罪したのは産経新聞で、問題をすりかえて誤魔化したのが朝日新聞であった。

 だから未だに、当時の教科書検定問題が真実であると思っている人がいるのだ。非常に腹立たしく、かつこの社説自身もごまかしだらけなので、全文を引用して意見を書く。


 「中国との外交などをテーマにした日曜日のテレビ番組で、安倍官房長官が82年の『教科書書き換え問題』について発言した。次のような趣旨である」。

 「政府のスポークスマンの発言である。検定で『侵略』という言葉を書き換えさせたことはまったくなかったと受けとめた人が多いのではないか」。

 「また当時の政府は事実を調べもしないまま、官房長官談話を出して中国などに謝った。そう思った人もいるだろう」。

 「しかし、いずれも事実とは異なる」。

 いずれも事実である。朝日は「事実とは異なる」と書くが、社説ではどこが事実とは異なるのか書かれていない。引用を続ける。

 「教科書の書き換えが問題になったのは24年前だ。若い人は知らないし、記憶が薄れた人も多いだろう。そんな中で、事実の一部だけを取り上げ、当時の政府判断を誤りと決めつけるような発言がそのまま独り歩きしては困る。これを機に、事実のおさらいをしておきたい」。

 一部の新聞が誤報を認めていないため、当時の政府判断が正しかったという意見が一人歩きしてきているのだ。安倍官房長官の発言は、それを修正している。何ら困らない。次に、社説では事実を書いている。一体官房長官の意見とどこが異なるのか。

 「82年6月、高校の教科書について検定結果が報道された。朝日新聞を含め多くの新聞や放送が、『華北を侵略』という記述が検定によって『華北に進出』に変えられたなどと伝えた」。

 「ところが、その後、『華北に進出』という表現は検定前から書かれていたことがわかった。その限りでは、安倍氏の指摘した事実はある。当時のずさんな取材を率直に反省したい」。

 「その限りでは」というが、その点がすべてだ。つまり官房長官の発言は事実である。朝日は「率直に反省したい」と書いている。であれば誤報であると認め、訂正記事を載せ、謝罪すべきではないか。国際問題化するほど大問題になってしまったのだ。マスコミにはその責任があるはずだ。

 が、当時の朝日新聞は訂正も謝罪もしなかった。「教科書検定にこそ問題がある」という風に論点をすりかえて誤魔化し、現在に至っている。この社説でも、最も重要な点を「その限り」と限定し、次のように他の問題にすりかえている。

 「では、『侵略』という言葉がすんなり検定を通るような状況だったかといえば、そうではない。中国との関係に限っても『侵略』の言葉を削られたり、『侵入』に変えさせられたりする変更が計4カ所あった。東南アジアについては『侵略』を『進出』に変えた例もあった」。

 「それ以前の検定では、中国との関係で『侵略』を『進出』に書き換えさせられたこともあった」。

 「82年の検定では、韓国も独立運動などの記述をめぐって訂正を求めた」。

 「文部省幹部らが中国へ派遣され、自民党の三塚博、森喜朗両氏は韓国を訪れて説明した。この後、宮沢喜一官房長官が検定のあり方を改める談話を出した」。

 問題になったのは1982年の教科書検定で「華北を侵略」が「華北に進出」に書き換えられたかどうかであり、過去の検定の問題や他の箇所の問題ではない。官房長官の発言が事実と異なる根拠にはならない。普通の読者が読めばすぐばれると思うのだが。

 当時の状況は、中国が日本の報道に便乗して抗議し、韓国がそれに乗ったという構図だ。当時、謝罪外交べったりであった日本は、事実を確かめずにあわてて謝罪してしまったのだろう

 「『華北に進出』と書き換えられた事実はなかったが、ほかの例や過去の検定を見れば、同じような問題がある。そう判断したからこそ、政府は官房長官談話を出したのだろう」。

 このように、問題と直接関係のない、ほかの例や過去の検定を出して、事実を誤魔化し、捏造する。これが朝日新聞の正体である。事実を捻じ曲げる社説を載せる新聞など到底信用できないではないか。

人気blogランキングへ→banner_01

« 韓国女性が日本でニュースキャスターに抜てき | Main | Nifty、一体どうなってんだ! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/9433316

Listed below are links to weblogs that reference 朝日の恥知らず社説ここに極まれり! 事実を踏まえて論じるべきは朝日だ!:

« 韓国女性が日本でニュースキャスターに抜てき | Main | Nifty、一体どうなってんだ! »