September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 4月1日のNHK「日本のこれから」は男女平等バカ番組? | Main | 韓国、北朝鮮、在日コリアン社会がわかる本 »

April 01, 2006

朝日寄りになった読売社説

 読売新聞の4月1日の社説は「日中友好訪中団 『ポスト小泉』に内政干渉は迷惑」だ。タイトルはその通りで、問題ないのだが、内容を読んでいくと、どうも朝日の論調に似ているような...。以前「渡辺恒雄氏を頼る朝日 なりふり構わずか!」と書いたが、渡辺恒雄の変節が影響しているのだろうか。

 社説から抜粋する。

 「中国の胡錦濤国家主席は、日中友好7団体の代表と会談し、『A級戦犯が合祀されている靖国神社を日本の指導者たちがこれ以上参拝しなければ、首脳会談をいつでも行う用意がある』と語った」。

 「指導者たち」という言い方から、『ポスト小泉』候補が仮に首相に就任した場合は、靖国参拝をすべきではないと牽制する意図がうかがえる」。

 「小泉首相は『靖国参拝という一事をもって首脳会談を行わない国は、中国と韓国のほかにない』と指摘している。その通りだ」。

 「中国は、『歴史』認識と首脳会談再開を絡める姿勢を改めるべきだ」。

 ここまではその通り。だが最後の方で、次のように書く。

 「『歴史』認識に関する問題は、他国が口をはさめば事態を複雑にさせる。が、そのことは、日本人が『歴史』に無頓着でよいことを意味しない」。

 「あの戦争は何だったのか。戦争責任をどう考えるべきか。戦没者をどう追悼したらよいのか。『歴史』と向き合い、国民的議論を深めることが必要である」。

 国民的議論も何も、既に結論は出ている。日中平和友好条約だ。戦争の責任を相互に追及せず、内政干渉をしない事に決まっている。

 それを蒸し返しているのが中国である。日本がそれを頑としてはねつけず、受け入れる隙を見せるから、どんどん中国の要求がエスカレートするのだ。今や中国では共産主義に替わって反日が国是になってしまった。

 このままでは日本は中国に隷属してしまう。日本は民主主義国であるから、国民にその危機感がなければ政府も対応できない。国民世論の形成に与する大手マスコミが、親中・弱腰でどうするのか。「読売VS朝日 社説対決50年」(中央公論新社)などを読むと、読売の見識が歴史的に見て正しかったことがわかるが、今後はそうはいかないという事だ。注意しないといけない。

人気blogランキングへ→banner_01

« 4月1日のNHK「日本のこれから」は男女平等バカ番組? | Main | 韓国、北朝鮮、在日コリアン社会がわかる本 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

たびたびで恐縮ですがご招待です。
「中国首脳の最近の発言」に関するクイズを作りました。
「胡錦濤氏の『靖国参拝中止なら首脳会談』に対する模範解答はどれ?」という記事です。
選択肢が3つ。
答えは→ http://q-q.at.webry.info/200604/article_4.html
他にも500問ほどのクイズがあります。退屈で死にそうな折りにどうぞ。
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/9383647

Listed below are links to weblogs that reference 朝日寄りになった読売社説:

« 4月1日のNHK「日本のこれから」は男女平等バカ番組? | Main | 韓国、北朝鮮、在日コリアン社会がわかる本 »