September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« ココログ遅すぎ、エラー発生で投稿不能! どうなってるんだ!! | Main | みんなが知りたい日本共産党50問50答 »

April 01, 2006

中国の「首相参拝やめれば会談」は対等外交ではない

 朝日新聞のページに「『首相参拝やめれば会談』 中国主席、関係改善には意欲」という記事がある。

 「中国の胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席は31日、北京の人民大会堂で橋本龍太郎元首相を団長とする日中友好7団体の代表団と約1時間半にわたり会談した。胡主席は日中関係の改善に強い意欲を示す一方、昨年4月以来開かれていない首脳会談について「日本の指導者がA級戦犯をまつる靖国神社をこれ以上参拝しなければ、いつでも開く用意がある」と述べた。ポスト小泉政権での対日外交も、日本の首相が靖国に参拝するかどうかを基準の一つとする考えを表明した」。

 胡主席が日中関係の改善に強い意欲を示すのは、そうしないと中国が困るからだ。「日本の首相が靖国参拝をやめなければ会談しない」というのは、外交などと呼べるものではない。一方的に言い分を呑ませようとしているだけだ。日本が折れればどんどん要求をエスカレートさせてくるのが中国だ。尖閣諸島の問題にしても、中国がある日突然、一方的に領有権を主張し始めただけだ。尖閣諸島を領土問題にしてはいけない。問題にしたら何らかの妥協を迫られるからだ。

 靖国問題も同じことだ。国内の反日マスコミ(朝日)が、中国を煽ったことが異なるが。政治や外交問題にしてはいけなかったのだ。

 で、日中友好7団体が何をしに訪中したのか。団長の橋本龍太郎元首相といえば、情婦が中国の女スパイだという話があった。日本の機密は守られたのか(無事でいることと、「友好団体」として遇されていることから、そうとは思えないが)。

 中国の日本大使館のページから胡主席の話を一部抜粋する。

 「事実が証明しているように、中日両国が協力すれば、両国に利益をもたらし、両国が戦えば、損失をもたらす。中日両国の善隣友好と協力関係の発展は両国人民の根本的利益にかなっており、アジアと世界の平和・安定・発展にも重要な貢献をしてきた」。

 中国と日本が戦ったという事実はない。日本が戦った相手は中華民国であり、中共(中華人民共和国)ではない。中共は戦いの間に勢力を蓄え、日本の敗戦後の内戦で勝利を収め、現在に至っている。また日中関係のどこが「アジアと世界の平和・安定・発展にも重要な貢献をしてきた」のか。日本はともかく中国は戦後最も国際紛争・戦争を起こした国だ。それこそ事実が証明している。

 「中国は平和的な国際環境のなかで自国を発展させ、自国の発展を通じて世界の平和を促進する、という平和発展の道を断固として歩んでいる。我々は日本を含む世界各国と共に恒久的な平和、共同繁栄、調和のとれた世界の構築を目指していきたい。中国は独立自主の全面的な平和外交政策を推進しており、他国に脅威を与えるつもりも、チャレンジするつもりもない。世界各国と平等に付き合い、友好的に共存し、共同発展を目指していきたい。中国が推進しているのは防御的な国防政策であり、中国の国防力整備は、防衛力を強化し、国家主権と領土保全を守るためのものだ。中国は過去も現在も将来も覇権を求めない。『中国の発展は脅威である』とする見解には根拠がなく、支持も得られないだろう」。

 こういう発言自体に根拠がなく、支持も得られないだろう。「中国の発展は脅威である」。中国の兵器輸入額が世界一であることからも軍備増強は明らかだ。中華帝国主義による台湾や日本への領土的野心も明確だ。独裁国家であるということも、国際社会から見ると十分に脅威だ。また中国は発展に必要なコストを負担していない。資本は外国に依存している。もっと重要なのは環境汚染だ。国内だけでなく日本を含む周辺諸国に公害を撒き散らしている。石油資源を無駄遣いしているという指摘もある。利用効率が先進国の10分の1だとか。

 環境汚染は修復が困難な状態になっているのではないか。環境を守るための費用を日本に負担させるのではないかと危惧している。「このままでは日本も汚染されてしまうぞ」などと恫喝」するのではないか。

人気blogランキングへ→banner_01

« ココログ遅すぎ、エラー発生で投稿不能! どうなってるんだ!! | Main | みんなが知りたい日本共産党50問50答 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/9370370

Listed below are links to weblogs that reference 中国の「首相参拝やめれば会談」は対等外交ではない:

» 戦後左翼の平和外交 [反日ワクチン]
自国を自分たちで守れる日本にするか、どこかの覇権主義国(中国)の利益のために、せっせと納税する属国の民となるかは、我々の自覚の責任です。ひ弱な政治家や官僚だけに任せられません。... [Read More]

« ココログ遅すぎ、エラー発生で投稿不能! どうなってるんだ!! | Main | みんなが知りたい日本共産党50問50答 »