September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 日本がWBCで初代王者に! | Main | News23は洗脳番組 »

March 21, 2006

WBC「日本が世界一」を韓国紙はどう報じたか

 中央日報が「WBC 日本がキューバ破り初代チャンピオンに」という記事を日本語版のページに載せている。記事全文を引用する。

 ↓ここから
日本が10-6でキューバを破り、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)初代チャンピオンになった。

韓国に2度も負けながら奇妙な大会規定のため決勝に駒を進めた日本は、1回表に4点を奪って機先を制し、先発の松坂(西武)に続いて渡辺(千葉ロッテ)などの投手らを相次いで登板させる総力戦を見せた。

アマチュア最強のキューバはプエルトリコ、ドミニカ(準決勝)など南米の強豪を破って決勝に進出したが、準決勝に出場した主力投手マルティ、ラソが登板できず、準優勝に満足しなければならなかった

今大会の最優秀選手(MVP)には、決勝戦の勝利投手となった松坂が選ばれた。 日本のイチローは決勝戦で3打数2安打3得点と大活躍し、‘野球の天才’として技量を遺憾なく発揮した

野球宗主国の米国で東洋野球の先頭を走る日本、そして米国の経済援助を受けるキューバが決勝に上がったというのは、野球がもはやどの一国のスポーツでもないことの傍証だった。

大リーグ事務局の主導で、米国のための祭りを作るために大会が創設されたという一部の指摘があったが、結局、主人公は米国でなかった。 このためむしろ野球の国際化につながったという評価も出ている。
 ↑ここまで

 あれだけ敵視し続けたイチロー選手に対しても賛美の言葉を書いているし、まあ普通の記事だ。ところが、韓国語版のページをみるとそうではないようだ。見出しは「WBC 日本, 幸運の招待チャンピオン」だ。記事本文にもイチロー選手を褒める文章は見当たらないし、日本が「運だけで」世界一になったという書き方だ。

 ただ、ハングルが読めないのでExceteのWebページ翻訳を使っているので、精度の問題があるかもしれない。翻訳した記事全文は次の通り。

 ↓ここから
  脱落危機に追われた日本が第1回ワールドベースボールクラシック(WBC)でキューバを破って幸運の招待チャンピオンに上がった.

 日本は 21日(韓国時間) サンディエゴペッコグザングで開かれた大会決勝戦で投手力が底が見えたキューバの終盤の追い討ちを弾き出して 10-6で勝利した.

 こういうわけで自暴自棄状態で奇蹟のように 4強に入った日本 5勝3敗の照れくさい全面的に大会元年頂上に上がる喜びを享受した.

 決勝戦で 4イニング間三振 5個を間引きし出して 4安打 1失点で阻むなど今度大会で 3競技で 3勝をおさめて防御率 1.38を記録した松坂ダイスケは大会最優秀選手(MVP)に選定された.

 また今度大会で 5ホームランと 10打点を記録したイ・スンヨッブ(読売ジャイアンツ)はホームラン単独 1位, そしてKenグリピジュニア(アメリカ)と打点共同 1位で 2冠王に上がったし韓国はチーム防御率 2.00で最強をマウンドに記録された.

 キムインシク監督が "九死一生の日本が負担だ"と明らかにした位運が付いた日本はこの日も幸運の女神がほほ笑みをした.

 1, 2ラウンドで中南米国々と血戦をしたキューバは二日の前開かれたドミニカ共和国との準決勝で 'ワンツーパンチ'であるヤデルマルティとフェドロルイスラッソを皆起用して決勝戦には当然に立てる投手がなかった.

 日本は 1回の表キューバ選抜オルマだのロメでが身が不十分に解けたうち内野安打 2個を含んだ 3安打と四死球 3個を縛って大挙 4点を獲得したしキューバは空手交代後先頭打者エドアルもパレッがレフトオーバーソロホームランをふいて 1点を取り返しした.

 しかし日本は 5回の表先頭SuzukiIchiroが左翼線上 2塁打を打って出た後マスナカノ−ブヒコの右前安打, タムラHitoshiの内野安打で 1点を加えた後小笠原ミチヒコがレフトオーバー犠牲フライを飛ばして 6-1で逃げた.

 キューバは 6回の裏 1買って後ユルリエスキグリエルがショート失策で生きて行った後プレデリヒ世の荒波多義 2塁打など連続 3安打で 2点を取り返しして続いた 1四 1,3塁のチャンスを取ったがヨアンスリーがルロボが併殺打で退いたのが惜しかった.

 終盤で入ってチーム打線がタイミングを尋ねたキューバは 8回の裏プレデリヒ世の荒波にレフトオーバー 2点ホームランを打ち上げて 5-6, 1点差で追撃した.

 しかし 9回の表また日本に幸運が尋ねて来た.

 先頭打者ギンゾダスヒコが 3塁手失策で生きて行って逃げる機会をつかんだこと.

 日本は川岐が行かせるバントに失敗したが西中の不意打ちバント安打に引き続きIchiroが右前タイムリーヒットを飛ばして 7-5で先に進んだ.

 続いた 1死満塁で代打フクドメが 2打点左前安打を飛ばして 9-5で逃げた日本は小笠原の犠牲フライまでつながって 10-5で点数車を開けながら勝負をつけた.

 大会規定上エースを起用することができなくて皆 7人の投手を回し防ぎながら踏ん張ったキューバは 9回の裏 1点を取り返ししたが競技を覆すには力が送った.

 一方今度大会には総 39競技に 73人7千112人の観衆が入場するなど興行で大きい成功をしたが 6勝1敗を記録した韓国が 4強で脱落して 5勝3敗の日本が優勝を占める変事が起きて大会進行方式が改善しなければならないという指摘がおこった.
 ↑ここまで

 WBCのルールは開催前に決まっていたはず。結果を見てから「勝率だけなら」と文句を言うのは、ただ責任転嫁であり、負け惜しみにすぎない。韓国は事前にルールについて問題点を指摘したのか。そうではあるまい。

 同じく中央日報のページに、「WBC 興行は成功, 対陣方式は問題」という記事がある。一部を抜粋する(翻訳はExcete)。

 ↓ここから
 しかしそれこそ 'チームでもない' アメリカがメキシコに敗れて大会全体の水を濁ごしたし結局最小失点率で先に進んだ日本が組予選で 2敗(1勝)をしてからも 4強に入る寸劇が起った.

 組 1,2位と 2兆 1,2位がお互いに行き違って取り組む方式ではなかったから 1兆 1位の韓国は 1兆 2位の日本と予選から準決勝戦まで 3番(回)も相対したし結局どん詰まりに力が送って決勝チケットを渡してしまった.

 漁利で決勝に上がった日本は田園がプロリーグ選手にだけ構成されて世紀が落ちたアマチュア最強キューバを弾き出して正常の喜びを満喫した.

 一度地面落ちるトーナメントで全体成績が無意味かも知れないが最低勝率チーム日本が優勝を占めたということは 2009年予定された 2回大会の時からは対陣方式に画期的な変化を与えなければならないという点を逆説的に見せてくれた.
 ↑ここまで

 ルールよりも、日本が優勝したことが気に入らないように読めるが。次回は野球の技術だけでなく、スポーツマンシップ、いやそれ以前のマナーやモラルを身につけて臨んでもらいたい。なお試合に敗れたキューバの監督や選手は、まずは日本の優勝を称えていた。

人気blogランキングへ→banner_01

« 日本がWBCで初代王者に! | Main | News23は洗脳番組 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

まあ、韓国がキューバと戦っても勝てなかったでしょう。
結局は勝つべきところが勝ったということでしょう。

 強いキューバに対して最高の試合でした。王ジャパン。
 WBC,韓国の強さ印象的でした。韓国野球から教えられることも多かったと思います。全チームの総リーグ戦をやれば公平でしょうが、試合数は膨大になるので投手の肩が全壊するでしょう。中途半端なリーグ戦折衷形式は仕方ないですね。前哨戦で2位以内につけ、1対1の勝負になったときにも勝てるような(大変です)チーム作りが必要です。日本はそう意図した訳ではないでしょう。優勝したのは幸運です。しかし、幸運の女神を微笑ませるだけの力量と真摯な努力がありました。
 今回のWBCを契機に,アメリカ大陸圏の野球から、アジア圏も含めた世界野球になったと思います。台湾もあり、中国もあります。次回のWBC楽しみですね。

いやー世界一本当に心かうれしいです。韓国に2連敗した悪夢からやっと脱出できた感じです。今週一週間は、マスコミもこのネタで持ちそうですね。半島への批判は、以下の産経さんの記事にお任せして。王JAPANおめでとう!!これで日本プロ野球離れも歯止めかかるかもしれません。


WBCも韓流誇示
http://www.sankei.co.jp/news/060321/morning/21iti003.htm

「ホームラン記録等には八百長疑惑もある王貞治、監督として成功」…韓国紙

千辛万苦の末に日本を第1回ワールドベースボールクラシック(WBC)での優勝に導いたワン・ジョンチ(日本名:オウ・サダハル)監督は、決勝戦を終えて、ようやく明るく笑った。プロとアマがともに参加し、名実とも最強者を選ぶ今度の大会の優勝で、ワン・ジョンチ監督は現役時代に比肩する、指導者としての華麗な履歴も持つことになった。

台湾出身のワン・ジョンチは、日本のプロ野球の歴史を代表する強打者だった。宗主国アメリカから公認を受けることができない通算868本の世界最多ホームラン記録を持つ彼は、単一シーズン最多ホームラン(55)、打点(2,170)、得点(1,967)、満塁ホームラン(15)などで日本最高記録を保持している。

このような彼の輝かしい業績は、圧縮バット使用や相手投手の買収など何種類かの疑惑を抱えているが、華僑出身で日王から国民勲章を授与されるなど伝説的な野球スターとしての地位は日本国内では確固たるものだ。<中略>

現役引退後、ワン・ジョンチは読売のコーチを経て、1984年に夢に描いた監督職に就いたが、彼の野球人生で初めて苦い思いをした。監督在任5年の間に、読売を1987年にセ・リーグ1位に導いたワン・ジョンチは、日本シリーズで西武に1勝4敗で破れて、名門チームの自尊心に傷をつけてしまった。

読売の監督を退いたあと解説者を経て1995年、弱体だったダイエー・ホークスの監督としてカムバックしたワン・ジョンチは、1999年にようやく監督としての初優勝の感激を味わって名誉回復に成功した。2003年にダイエーに2回目の優勝をもたらしたワン・ジョンチは、現在までダイエーの後身であるソフトバンク・ホークスの監督で活躍中だ。<中略>

今回のWBCでもワン・ジョンチ監督は、あきらめない勝負根性とカリスマ、そしてスター級選手たちのチームワークを維持する指導力を発揮して、ついに日本野球を世界の頂点に押し上げてみせた。


천신만고 끝에 일본을 제 1회 월드베이스볼클래식(WBC) 우승으로 이끈 왕정치(일본명 오 사다하루) 감독은 결승전이 끝난 후 드디어 밝게 웃었다.

프로와 아마가 모두 참여, 명실상부한 최강자를 가리는 이번 대회 우승으로 왕정치 감독은 현역 시절만큼의 화려한 지도자 이력도 갖게 됐다.

대만 출신의 왕정치는 일본프로야구 역사를 대표하는 강타자였다. 종주국 미국으로부터 공인을 받지 못하고 있는 통산 868개의 세계 최다 홈런 기록을 가진 그는 단일 시즌 최다홈런(55), 타점(2,170), 득점(1,967), 만루홈런(15개) 등에서 일본 최고 기록을 보유하고 있다.

이러한 그의 빛나는 업적은 압축 배트 사용과 상대 투수 매수 등 몇 가지 의혹을 안고 있기도 하지만 화교 출신으로 일왕으로부터 국민훈장을 수여받는 등 전설적인 야구스타로서 일본 내 그의 입지는 확고하다.

일본 와세다 실업학교 시절 투수였던 왕정치는 1959년 요미우리 자이언츠 입단 후 타자로 전향한 케이스. 특유의 ‘외다리타법’을 고안해 타자로서 성공적인 변신에 성공한 왕정치는 60~70년대 ‘미스터 베이스볼’로 불리는 인기스타 나가시마 시게오(요미우리 종신 명예 감독)와 더불어 공포의 ‘O-N포’를 형성해 요미우리를 최강팀으로 군림시켰다.

다이에 사령탑에 오른 후 스타일 바꿔 대성공

현역에서 은퇴한 왕정치는 요미우리의 코치를 거쳐 1984년 꿈에 그리던 감독직에 올랐으나 그의 야구인생 처음으로 쓴 맛을 봤다. 감독 재임 5년 동안 요미우리를 1987년 정규리그 1위로 이끈 왕정치는 일본시리즈에서 세이부에 1승 4패로 무너지며 명문 팀의 자존심에 상처를 입히고 말았다.

요미우리 감독직에서 물러난 후 해설가를 거쳐 1995년 약체였던 다이에 호크스 감독으로 컴백한 왕정치는 1999년 드디어 감독으로 첫 우승의 감격을 맛보며 명예회복에 성공했다. 2003년 다이에에게 두 번째 우승 트로피를 안긴 왕정치는 현재까지 다이에의 후신인 소프트뱅크 호크스의 단장 겸 감독으로 활약 중이다.

과거 요미우리 감독 시절 독선적인 성격으로 선수단 장악에 실패한 바 있었던 왕정치는 6년간의 야인(野人) 생활을 통해 뛰어난 지도자로 다시 태어났다. 특유의 승부욕은 여전했지만 선수들과 많은 대화를 하는 덕장의 면모까지 갖춰 감독 부임 당시 약체였던 다이에를 일약 정상권 팀으로 군림시켰다.

이번 WBC에서도 왕정치 감독은 포기하지 않는 승부 근성과 카리스마, 그리고 스타급 선수들을 다독이며 끈끈한 팀웍을 유지시키는 지도력을 발휘해 결국 일본야구를 세계 최고의 자리에 올려놓고야 말았다.

http://sports.donga.com/bbs/sports.php?id=baseball_japan&no=1315


WBCで日本に負け、火病を辺りにまき散らす朝鮮人。


> このような彼の輝かしい業績は、圧縮バット使用や相手投手の買収など何種類かの疑惑を抱えている

遂に王監督を八百長扱い。


キチガイっぷりに拍車がかかってきた朝鮮人。
過去、これ以上に卑しい記事を見た事がないよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/9192611

Listed below are links to weblogs that reference WBC「日本が世界一」を韓国紙はどう報じたか:

« 日本がWBCで初代王者に! | Main | News23は洗脳番組 »