September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 朝日のジャーナリスト宣言 | Main | 本当は中国で何が起きているのか »

March 29, 2006

高校教科書の検定結果

 産経新聞のページに、「『領土』『拉致』など修正 文科省、検定結果発表」という記事がある。文部科学省が29日に、来春から使用される高校教科書の検定結果を発表したそうだ。

 「竹島(島根県隠岐の島町)の記述は前回検定(平成13年度)より増え、政治経済で全6種類、現代社会で12種類中8種類で取り上げるなど30種類が記述。日本固有の領土であることを明確に記述するよう求める検定意見が相次いだ」。

 国会議員は及び腰のようだが、教科書で取り上げるようになるのは望ましいことだ。

 「尖閣諸島(沖縄県石垣市)については『北方領土、竹島と違い日本が実効支配しており『領土問題』ではない』との立場から意見を付け、『日本の領土である北方領土と竹島は、それぞれロシアと韓国に占拠され、領土問題となっている。尖閣諸島も日本の領土だが中国などが領有を主張している』などと、北方領土、竹島と尖閣諸島を区別する記述に改められた」。

 尖閣諸島に領土問題は存在しない。中国の手口に乗ってはいけない。何も問題のないところに一方的に文句をつけて問題化し、相手に譲歩させようとする。それだけのことだ。だから、この検定の指摘は妥当である。

 「北朝鮮による拉致事件では、解決していないことを強調するよう求める検定意見が目立った。『北朝鮮から帰国した拉致被害者たち』との写真説明に『解決済みであるかのように誤解する恐れのある表現だ』との意見が付き、『しかし、まだ拉致被害者全員の帰国は実現していません』と追加された」。

 北朝鮮による日本人拉致問題は、日本人全員が解決していくべき問題だ。もしかしたら自分が拉致されていたかもしれないのだ。他人事ではない。

 「『ジェンダー』(社会的・文化的な性差)については現代社会や家庭科など38種類が記述。『男らしさ・女らしさ』の否定ととられる記述などに検定意見が付いた。『ジェンダーフリー』(性差否定)は、現代社会の2種類にあったが、検定によって消えた」。

 ジェンダーフリーという非現実的な言葉が教科書から消えたのは喜ばしいことだ。男らしさ・女らしさを否定する記述に検定意見が付くのは当然。執筆者の常識を疑う。

 「検定をパスした不適切記述も相次いだ。南京事件の犠牲者は20万人以上説が最有力とする記述が登場するなど誇大な数字が記述されている」。
 「慰安婦については『日本軍により慰安婦にされた女性』が『日本軍の慰安婦にされた女性』に修正されるなど、軍による強制連行に検定意見が付いたが、主語のない強制連行記述はフリーパスとなっている」。

 歴史については、まだ捏造が大手を振っている。近隣諸国条項がまだ悪影響を及ぼしているのだろう。南京大虐殺も従軍慰安婦も強制連行も捏造された歴史なのだから、教科書になどに載せてはいけない。高校の日本史にも「新しい日本史教科書」が要るのではないか。小堀桂一郎氏らが執筆した「新編日本史」を復刊できないものか(実物は未読)。この歴史教科書も朝日新聞が批判的に報道し中韓の内政干渉を呼び込み、検定に合格したにもかかわらず修正を余儀なくされてしまった。1986年のことである。

 村尾次郎監修「新編日本史のすべて」(原書房)

 朝日新聞のページには、「高1用に『発展的な学習の内容』初登場 教科書検定」という記事がある。同じ文部科学省の発表を受けた記事でもこうも違うのかと思う。

 朝日の記事の一部を抜粋するが、検定で「認められなかった」事を書いている。朝日は認められるべきと考えているから、記事にするのだろう。

 「地理・歴史と公民の社会科では、4年前の検定以降にあった社会問題として、イラク戦争や自衛隊派遣、小泉首相の靖国神社参拝をめぐる判決などが新たに盛り込まれた。だが、大半に検定意見がついて申請通りの記述が認められなかった」。

 「自衛隊派遣については、『人道復興支援活動のため』という政府の立場に沿った記述以外は認められなかった。また、『小泉首相の靖国神社参拝に福岡地裁が違憲判断』と記述した教科書には、この記述だと『国が勝訴した判決だったことが理解できない』との理由で検定意見がついた。首相としての参拝だったため、『公式参拝』と表記した教科書も政府見解に照らして認められなかった」。

 自衛隊派遣の理由として、人道支援以外にどんな記述があったのだろうか。福岡地裁の違憲判決についての検定違憲は至極当然。政府見解と異なる記述を教科書に書くのも中立的ではない。

人気blogランキングへ→banner_01

« 朝日のジャーナリスト宣言 | Main | 本当は中国で何が起きているのか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/9322331

Listed below are links to weblogs that reference 高校教科書の検定結果:

« 朝日のジャーナリスト宣言 | Main | 本当は中国で何が起きているのか »