September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 岩国市の住民投票に関する各紙社説 やはり1紙だけ... | Main | ESPNの「デタラメ」な韓国紹介を非難する韓国 まず自らを省みよ »

March 15, 2006

日中「揚げ足取り外交」という中央日報 まるで他人事だ

 中央日報のページに「日中『揚げ足取り外交』」という記事がある。数箇所を抜粋する。

 ↓ここから
 #ラウンド1=李肇星中国外交部長が7日、内外信記者会見で「日本のリーダーが侵略戦争を指揮したA級戦犯に参拝するのが日中関係悪化の原因」と述べた。

 #ラウンド2=今回には麻生太郎日本外相が中国の「急所」に触れた。9日、国会で「台湾は日本と価値観を共有する国」「民主主義が成熟していて自由主義経済を信奉する法治国」と言ったのだ。

 #ラウンド3=谷内外務次官と王毅大使が9日、東京市内で非公式会談をもった。言葉を訂正するどころか、双方、相手の過ちを問いただすのに躍起になった。「外相の発言は慎重でなければならない」(王毅大使)、「それは互いに同じだ」(谷内次官)

 この3場面を振り返ればどうして両国関係がうまくいかないのか理解ができる。両国とも大国としての位相にふさわしくない水準で、単なるプライドの争いになっているのだ。その水準は、朝日新聞の11日の社説で「子供のけんか」と皮肉られた。

しかし外交というのは、一方で殴られればやり返し、それをお互い様としてしまう子供のけんかではない。時に説得し、時に譲歩しながら両方が得となる道を模索する創造的ゲームではなければならない。

日中両国が協力すれば両国はもちろん、東アジア全体にも大きな利益をもたらすだろうに。
 ↑ここまで

 朝日の記事も引き合いに出し、日中間を子供のけんかといっているのだ。では中国の尻馬に乗って反日を唱える韓国はどうか。日本人と一緒の世界で生きるのが嫌だという韓国大統領の発言は、誰が聞いても非常識だ。

 また、外交というのは、一方が殴り、もう一方が我慢しつづける、苛めではない。「時に説得し、時に譲歩しながら両方が得となる道を模索する創造的ゲームではなければならない」というのは中国や韓国にこそ言うべき言葉だ。首相の靖国参拝だけを問題にし、話し合いすらしないという姿勢は変だ。

 中国や韓国が過去の歴史を客観的に見直し、反日政策をやめれば、東アジア全体にも大きな利益をもたらすだろうに。

人気blogランキングへ→banner_01

« 岩国市の住民投票に関する各紙社説 やはり1紙だけ... | Main | ESPNの「デタラメ」な韓国紹介を非難する韓国 まず自らを省みよ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/9099669

Listed below are links to weblogs that reference 日中「揚げ足取り外交」という中央日報 まるで他人事だ:

« 岩国市の住民投票に関する各紙社説 やはり1紙だけ... | Main | ESPNの「デタラメ」な韓国紹介を非難する韓国 まず自らを省みよ »