September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 紀子さまご懐妊についての産経と朝日の社説 | Main | 隷従への道 »

February 08, 2006

北方領土返還全国大会に首相が欠席

 北海道新聞のページに「領土返還全国大会、首相が欠席 代読すらなしに批判 『本気さ伝わらない』」という記事がある。

 「小泉純一郎首相は、東京都内で七日開かれた北方領土返還要求全国大会を二年連続で欠席した。衆院予算委員会の答弁準備などが理由だが、首相メッセージの代読もなかったのは初めて。政府内から『領土問題への意欲が薄れていることの表れ』との見方も出て、大会参加者や与野党から批判が相次いだ」。

 首相が領土に無関心でどうするのか。ロシアはますます北方領土返還に応じなくなるだろう。竹島問題も島根県の問題にしてしまうし、政府は日本の国土を守る気概があるのか。

 日朝協議は一向に進展なしに5日間で終了した。北朝鮮は白を黒と平気で言う国だ。現に北朝鮮は脱北者支援は拉致だと言い、脱北者を支援するNGO関係者7人の引き渡しを求めてきた。対話だけで拉致問題が解決できるわけがない。圧力が第一なのだ。

 政府には拉致被害者である日本国民を救う義務がある。拉致は誰にでも起こりうる事態だ。他人事ではない。

 北朝鮮は日本と国交を正常化し、日本から「賠償金」を得ようとしているのだが、韓国の場合とは事情が違う。韓国に「賠償金」を支払ったのは、韓国が民主主義国陣営に参加することの、いわば祝い金であり、本来日本が支払う必要などない金だった。

 北朝鮮は独裁国であるので日本が金を払う必要はない。仮に韓国と同等の金額を支払ったとしても、日本が北朝鮮に残してきた公私の資産や、拉致被害に対する賠償をしてもらわねばならない。そうすれば逆に日本が金を受取ることになると思う。だが北朝鮮には支払能力などない。国交正常化など不要だ。日本には何の益もない。

 韓国に対しても、竹島を返還するまで国交を断絶するとか、輸出入を制限すればどうか。韓国の自動車やハイテク産業は日本からの部品に依存している。効果は大きいのではないだろうか。政府もそれ位の気持ちで、領土問題に取り組んでもらいたい。

人気blogランキングへ→banner_01

« 紀子さまご懐妊についての産経と朝日の社説 | Main | 隷従への道 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/8565728

Listed below are links to weblogs that reference 北方領土返還全国大会に首相が欠席:

» 2月7日は北方領土の日 [神のいどころ]
本当に北方領土を奪回する気があるのなら、国民に正しい北方領土教育をしろよ。 [Read More]

« 紀子さまご懐妊についての産経と朝日の社説 | Main | 隷従への道 »