September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 麻生氏「中韓との根本的関係改善は困難」 | Main | 政府の非公式検討会が女性・女系天皇容認を打ち出していた! »

February 21, 2006

韓国人夫婦が竹島で生活開始!

 日本の領土である竹島を軍事力で侵略し支配し続けている韓国。22日の「竹島の日」に向けてか、韓国人が住み始めたという。20日の産経新聞の記事を抜粋する。

 「日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)に住民登録している六十代の韓国人夫婦が十九日、漁船で同島に上陸し、漁業関係者が荒天の際退避するための宿泊施設で生活を始めた。島根県が昨年制定した『竹島の日』を今月二十二日に控えていることから、日本を牽制する思惑があるとみられる。夫婦は一九九一年、竹島に転入。漁業に従事し、竹島に近い鬱陵島との間を往来して生活しているとされる」。

 それに対して日本の弱腰は何だ。東亜日報に「気の抜けた『竹島の日』」などと書かれている。日本が馬鹿にされているのだ。

 「日本の島根県は『竹島(韓国名=独島)の日』(22日)のムードづくりに熱心だが、日本政府の関係者と地元の国会議員は、記念行事に出席しないことに決めた」。
 「これについて毎日新聞は19日付で、韓国を刺激しないための日本政府の配慮であり、竹島の日をめぐる中央と地方の見解の相違を示すものだと報じた」。

 どこの世界に他国の侵略に配慮して、刺激しないようにする国があろうか。無能国家日本ここに有りだ。情けないことこの上ない。自衛権を発動せよ。

 それにしても、日本の過去の「侵略」には熱心な某新聞社は、現在進行中の韓国や旧ソ連の侵略については黙っている。逆に韓国に竹島を呉れてやれという始末。論外だ。

 「島根県は22日には、『竹島の日の会』と『竹島を考えるフォーラム』を開くことを決め、先月、外務省北東アジア課、水産庁国際課、地元国会議員5人に招待状を送ったが、不参加の知らせを受けた。外務省北東アジア課は、『韓日関係の状況などを含め、総合的に判断した』とし、『地方自治体が主催する行事に、政府関係者が必ずしも出席する必要はない』と説明した」。

 領土問題は本来、政府が率先して解決すべきだ。政府が何もしないから、島根県ががんばっている。外務省の言い方は無責任だ。役立たずの外務省北東アジア課の職員などクビにせよ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 麻生氏「中韓との根本的関係改善は困難」 | Main | 政府の非公式検討会が女性・女系天皇容認を打ち出していた! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/8763564

Listed below are links to weblogs that reference 韓国人夫婦が竹島で生活開始!:

« 麻生氏「中韓との根本的関係改善は困難」 | Main | 政府の非公式検討会が女性・女系天皇容認を打ち出していた! »