September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 寛仁さまに黙れと命じた朝日論説委員 | Main | 「日経ソフトウェア3月号」の付録 »

February 11, 2006

経済協力とは別に「賠償」せよという北朝鮮 開いた口がふさがらない

 毎日新聞のページに、「北朝鮮:日朝協議の内容を報道 『戦争賠償は別計算で』」という記事がある。あまりにも身の程知らずな言い分だ。開いた口がふさがらない。まともに対話するだけ無駄なことは明らかだ。

 「朝鮮中央通信は9日、北京で開かれていた日朝包括並行協議の内容を初めて報じ、北朝鮮が提起した主張を明らかにした」。
 「5日間の協議中、過去の清算問題では、北朝鮮は日朝平壌宣言に基づき日本が経済協力を実施したうえで、『八百四十余万人の朝鮮人強制連行、百余万人の虐殺、20万人の日本軍『慰安婦』に対し、経済協力とは別に計算しなければならない』と主張。一方で、在日朝鮮人の地位問題を『過去の清算問題のひとつ』と位置づけた措置を要求した」。

 強制連行や慰安婦は歴史の捏造であることは、もはや自明であろう。百余万人の虐殺とは一体何のことかわからない。在日朝鮮人の地位問題など存在しない。50~60年も前に勝手に日本に住み着いたのだから、日本人と同等の権利を主張したければ帰化すべきだ。帰化審査に対して朝鮮人が優遇されていること自体、他の外国人からは差別と思われているようだが。それでも嫌なら北朝鮮に帰国せよ。

 大体、経済協力を日本が行うことが大前提になっていること自体、気に入らない。日本上空にミサイルを飛ばす国になぜ援助などしないといけないのか。将軍様の人気が高い韓国に援助してもらえばよいではないか。

 朝日新聞などは9日の社説で日朝協議をとりあげ、「5日間の協議で『虚心坦懐に意見を交換し、互いの立場をより鮮明に知ることができた』と北朝鮮代表は語った。実質的な実りはなかったとはいえ、今回の協議を外交用語で評価すればそういうことなのだろう」とか「確かに、率直な意見を直接伝え合った意味はある。正常化への道筋を描いた平壌宣言が確認されたのもよかった。協議の最低限の役割は果たしたとも言える」、「北朝鮮の次の一歩を注視したい」などと、他人事のようなお気楽な社説を書いている。

 それに対して産経の10日の社説は「日朝協議 制裁の時が近づいている」という題で、「北の国家犯罪は、拉致やマネーロンダリングだけではない。紙幣偽造や覚醒剤密売、偽ブランドたばこなど北のあらゆる不正に対し、日米が一層、緊密に連携し、監視体制を強めていかねばならない」と結論付けている。

 読売は9日に「日朝協議 これでは『圧力』も考えなければ」という題で「政府は、北朝鮮に「誠意」と「具体的な措置」を迫る“圧力”についても検討していく必要があるのではないか」と言う。毎日は「日朝協議 『疑心』解く責任は北朝鮮に」という題で、「不誠実な態度を取り続ければ、経済制裁を含む『圧力』強化論が日本で高まるのは避けられない。北朝鮮はそのことをしっかり認識しなければならない」と経済制裁をされても仕方がないと書いている。

 ところが朝日に戻ると、朝日は「『圧力』を求める世論が高まるのは避けられない」と書きながらも、「もともと半世紀以上もまともな付き合いがなかった両国である。一朝一夕にことが片づくはずもない。それが厳しい現実だ。辛くとも粘り強く、地道に交渉を続けていくしかないだろう」と言う。幾ら世論が「圧力」を求めても、「対話」をするしかないということだ。相変わらずである。

 産経新聞の記事には「北朝鮮への圧力、具体的に検討 麻生外相『案は出ている』」というのがあり、外務省で案を検討していることがはっきりした。拉致解決のため、日本人を救うために早急に発動してもらいたい。

人気blogランキングへ→banner_01

« 寛仁さまに黙れと命じた朝日論説委員 | Main | 「日経ソフトウェア3月号」の付録 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/8601306

Listed below are links to weblogs that reference 経済協力とは別に「賠償」せよという北朝鮮 開いた口がふさがらない:

« 寛仁さまに黙れと命じた朝日論説委員 | Main | 「日経ソフトウェア3月号」の付録 »