September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 麻生外相 朝日の社説に負けるな | Main | 銀齢の果て »

February 14, 2006

麻生外相の発言をニューヨーク・タイムズが批判

 読売新聞のページに「『あ然とさせる発言』麻生外相を米紙が痛烈批判」という記事がある。アメリカとしては、日本が東京裁判史観の洗脳から解けると非常に困るはずだ。だから親中・親朝鮮の社説を載せる。だからといって日本が「米紙も批判しているぞ」などと反省する必要などない。外相には今後も堂々と自説を述べて貰いたい。

 「13日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、靖国神社参拝や植民地統治をめぐる麻生外相の発言を痛烈に批判する社説を掲載した」。
 「問題にしたのは、天皇陛下の靖国参拝が望ましいとした発言や台湾の教育水準の高さを日本の植民地政策と結びつけた発言。同紙は、アジアの人々の怒りをあおる『あ然とさせる発言』で、『外交感覚も歴史感覚もおかしい』と評した」。

 ニューヨーク・タイムズの言い分を載せるにあたって、読売新聞の記事には次のような説明がある。

 「同紙は、事実関係について議論がある問題では中国、韓国側の主張に沿った記述が目立ち、この日の社説でも従軍慰安婦と南京事件について、それぞれ『韓国の若い女性の大量拉致と性的奴隷化』『中国の民間人数十万人の嗜虐的な大量殺りく』と断じた」。

 つまり中国、韓国寄りの社説が多いという事を説明し、ニューヨーク・タイムズの姿勢を明確にしているのだ。この説明なしに、ニューヨーク・タイムズの社説を引用するような日本のマスコミがでてくるのだろうな、どうせ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 麻生外相 朝日の社説に負けるな | Main | 銀齢の果て »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/8659165

Listed below are links to weblogs that reference 麻生外相の発言をニューヨーク・タイムズが批判:

« 麻生外相 朝日の社説に負けるな | Main | 銀齢の果て »