September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 日本政府が支持して当然と言い放つ潘 | Main | 麻生氏「中韓との根本的関係改善は困難」 »

February 19, 2006

成果主義を妄信するな

 産経新聞2006年2月19日朝刊に、Dr.ジョブーのお!仕事キーワード「見直される?終身雇用」という特集記事がある。一部抜粋する。ジョブーとキクミの対話形式である。

 ↓ここから
ジョブー 昨年3月の数字ですが、成果の評価結果によって賃金や賞与に相当の格差がつぐとした企業は、全体の9割(上場企業を対象)にも及んでいます。

キクミ 「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」って言葉があったのかと思うほど大変な時代です。でも、がん張った分はがん張った分だけ評価してもらえるなら、その方がいいと思うんですが。

ジョブー 企業の理想とサラリーマンの現実は違うのですよ、キクミさん。処遇に直結する評価自体は、適切に機能しているとは言えないのです。頑張っでも評価されず、それに対して異議も認められないとしたらどうでしょう?

キクミ うっ…それは。

ジョブー 実は成果主義の先進国であるアメリカも事情は同じなんですよ。アメリカでは部門長が人事権や評価権を握っているので、日本よりもはるかにゴマすりや同僚間の足の引っ張り合いがあるのです。

キクミ 出世していく人は、同僚を踏み台にしていく…これはこれで良くないような。目先のことばかりになってしまって、モラルの低下や人を育てるっていう意識がなくなっていきますよね。

ジョブー 成果主義の浸透で大きな格差がつくというのに、評価は上司の独断で決められ、しかも若い時期に出世の司否をはっきりつけられてしまう。公平のようで公平でない、そんな問題があるのです。
 ↑ここまで

 上記をよく読んで欲しい。もし会社の経営者や管理職で、「成果主義は絶対だ」というような事を言う奴がいたら、それはただの馬鹿だ。そんな会社に未来はない。

 更に問題なのは、経営者や管理職になっている奴ら自身は、年功序列で出世したというケースだろう。

人気blogランキングへ→banner_01

« 日本政府が支持して当然と言い放つ潘 | Main | 麻生氏「中韓との根本的関係改善は困難」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/8739874

Listed below are links to weblogs that reference 成果主義を妄信するな:

« 日本政府が支持して当然と言い放つ潘 | Main | 麻生氏「中韓との根本的関係改善は困難」 »