September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 隷従への道 | Main | 朝鮮日報がドラマ「輪舞曲」に注目 »

February 08, 2006

日本のビザ免除は外交改善になどならない

 中央日報の8日の社説は「日本のビザ免除、韓日外交関係改善の契機に」だ。

 「日本政府が6日、観光・商用・通過目的で最長90日間日本を訪問する韓国人に対し、ビザ(査証)を恒久的に免除すると発表した。 相互主義の原則に基づき、同じ日、韓国政府も相応の措置をとった。95年から1年単位で延長してきた日本人に対する短期ビザ免除措置を無期限に延長し、30日としていた滞在許容期間も90日に増やした。地理的に最も近い隣邦である韓国と日本の間に、少なくともビザという障害物は完全に消えるということだ。 歓迎すべきことだ」。

 と社説の前半で書くが、後半はいつも通りの靖国批判だ。社説では「民間レベルの交流と靖国神社問題は別の問題だ」と断言している。

 「日本政府が長期間の検討の末、ビザ問題に対して勇断を下した背景には、靖国神社参拝問題で悪化した両国関係を復元しようという政治的意図も含まれているとみられる。 その心情は理解できるが、民間レベルの交流と靖国神社問題は別の問題だ。靖国問題は小泉首相の決断がない限り、両国関係の梗塞を解くのは難しい」。

 結局、ビザ免除など役に立たないということだ。

小泉首相が執着している靖国参拝は、日本国内でも反対世論が高まっている。代表的保守新聞の読売でさえ小泉首相の前向きな姿勢を促している。 日本のアジア外交失踪に対する憂慮の声も高まっている。保守派支持勢力の結集という政治的目的のために、政権は得ても国益を失う『矯角殺牛』の愚を犯しうる。靖国問題は、日本の軍国主義的侵略と植民地支配に関する歴史認識の問題だ。 被害当事者のわれわれとしては絶対に譲歩できない問題である」。

 「被害者」面するのもいい加減にしろと言いたい。結局、日本人が一番の被害者ではなかったか。

 「靖国神社に奉安されているA級戦犯14人の位牌を分祀する案や、靖国神社に代わる新しい国立追悼施設を建設する案など、日本国内の良識ある勢力が提示している建設的な案を、小泉首相は真摯に検討しなければならない。日本政府がせっかく勇気を持ってとったビザ免除措置が両国関係の梗塞を解く転機になるよう、靖国問題に対する日本側の誠意ある姿勢をもう一度促す」。

 他国の首相に「~せねばならない」などと言う韓国。内政干渉である。日本はナメられている。「日本側の誠意ある姿勢をもう一度促す」というが、何度も促しては小泉首相に袖にされている。断交するのではなかったのか。出来ればそうして欲しい。

 大体、日本が嫌いなら日本に来なければよい。ビザ免除など無用だろう。

 朝鮮日報の同日の社説は「韓日ビザ免除、靖国参拝でその意義を損なった」とそのままだ。

 「したがって、今回のビザ免除は、両国関係の進展への大きな一歩と評価できる成果だ。しかしこうした決定も、靖国神社参拝問題をはじめとする、日本政府関係者らによる韓日関係に冷や水を浴びせる一連の発言により、相当な部分でその意味を失っている。麻生外相自身も、昨年末と先日、『靖国参拝を問題視する国は、韓国と中国しかない』『天皇が靖国神社に参拝しなければならない』といった発言を行い、韓国国民を憤激させた」。

 社説にある麻生外相の1つ目の発言は事実だ。「靖国参拝を問題視する国は、韓国と中国しかない」。また2つ目の発言も日本の内政の問題だ。「憤激」したければ勝手にすればよい。

人気blogランキングへ→banner_01

« 隷従への道 | Main | 朝鮮日報がドラマ「輪舞曲」に注目 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/8569799

Listed below are links to weblogs that reference 日本のビザ免除は外交改善になどならない:

« 隷従への道 | Main | 朝鮮日報がドラマ「輪舞曲」に注目 »