September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 渡辺恒雄氏を頼る朝日 なりふり構わずか! | Main | 李朝末期のソウルの描写 »

January 08, 2006

「日帝支配」は「祝福」だ 歴史を捻じ曲げるな!

 朝鮮日報に、「日帝支配が『祝福』だという捻じ曲げられた歴史観」という社説がある。

 「韓昇助(ハン・スンジョ/75)高麗(コリョ)大学名誉教授が日本の右翼月刊誌に『韓国に対する日本の植民支配は祝福』と主張する論文を掲載した。韓教授は『祝福』と主張する根拠として、『韓国が国権を失いかけた当時の状況で、ロシアに併合されなかった点』を挙げた。ロシアの支配を受けていた場合、共産化とスターリン統治下の大虐殺(1000万人以上)などを免れることができなかったはずだが、日本に合併されることで、民族を保全し、近代化が促進されたので幸いだというのだ」。

 韓昇助名誉教授の言う通りだ。教授が不当に攻撃されて職を失わないことを願うばかりだ。が、当然のごとく、社説では教授に攻撃を加えている。言論の自由などなきが如きだ。

 「これは歴史認識も間違っている上、多くのことを学び、長い間、教鞭をとってきた人としての思慮深い行動とも言えない」。

 なぜそう言い切るのか。「教鞭をとってきた人としての思慮深い行動」なのだからまず耳を傾けるべきではないか。儒教の国なんだろう?

 「韓日合併当時の韓国は、どうせ誰かの『えさ』になるほかなかったという話は、日本の右翼が植民支配を正当化するためにこれまで継続して主張してきた詭弁だ」。

 では、1910年当時どうすれば韓国は独立を維持できたのか。当時は日本とタイ以外が植民地という状況だ。詭弁どころか真実だ。清やロシアが朝鮮半島進出を狙っていたのは事実だし、その結果として日清・日露戦争が起こった。日本は韓国の代わりに戦ったとも言える。

 「このような話をこの地で耳にするなど、この上なく荒唐無稽だ。日帝の植民統治は韓国民の血と汗を搾取した。それだけでなく、韓国を日帝の附属品として挟み込むことで、国民国家レベルの完全な自生的近代化の道を捻ってしまった」。

 最貧国からどうすれば搾取できるのか教えて欲しいものだ。また、自生的近代化への道などなかったというのが客観的な見方だ。近代化できたのは実は「日帝」のおかげなのだ。

 「民族を分け、凄惨な民族同士の戦いである韓国戦争や60年にわたる分断の種をまいたのも、日帝の韓国強占だ。問題の発言をした張本人も、このような簡単な歴史的事実を分からないはずはないだろう」。

 ひどい言い方だ。自分たちの責任を全て「日帝」のせいにする。1945年に日本が敗戦してからなぜ朝鮮半島に1つの独立国ができなかったのか。朝鮮人同士が勢力争いに終始したためだ。南北分断もその結果だ。朝鮮日報は、このような簡単な歴史的事実を分からないはずはないだろう。新聞の社説でこのような暴論を平気で書く。所詮この程度の国だ。

 歴史を捏造し続けたら、いずれES細胞と同じような目に合うだろう。その時が楽しみだ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 渡辺恒雄氏を頼る朝日 なりふり構わずか! | Main | 李朝末期のソウルの描写 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/8065279

Listed below are links to weblogs that reference 「日帝支配」は「祝福」だ 歴史を捻じ曲げるな!:

« 渡辺恒雄氏を頼る朝日 なりふり構わずか! | Main | 李朝末期のソウルの描写 »