September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「拉致実行犯 闇の一端が見えてきた」という朝日 何を今更、白々しい | Main | 渡辺恒雄氏を頼る朝日 なりふり構わずか! »

January 08, 2006

男女共同参画第1次計画は「失敗」と森元首相

 7日の産経新聞に「男女共同参画第1次計画 森元首相『失敗だった』」という記事がある。

 「森喜朗元首相が、自民党機関誌『月刊自由民主』(平成十八年一月号)で作家の上坂冬子氏と対談し、森政権下の平成十二年に策定した『男女共同参画社会基本計画』(第一次)を『失敗だった』と打ち明けた」。

 「森氏は『森内閣で一つ失敗したことがある。男女共同参画社会。あれは男女共同家族社会にすべきだった。もっと親子を中心とする家庭を大切にしなければいけません』と述懐」。

 「上坂氏に『今からでも訂正してください』と求められると『分かりました』と応じ、計画のベースである男女共同参画社会基本法を見直したいとの考えをにじませた」。

 森元首相の言う通りだ。元首相の本意は家族を大切にするという事だろう。それが一部の勢力に歪められ、行き過ぎた男女平等により、逆に家族を崩壊させる方向に進んだ。更に男らしさや女らしさ、そして日本の伝統までもが否定されてしまった。

 森元首相といえば「神の国」発言で大騒ぎになったが、何も問題ではなく、家族や地域社会を大切にしようという趣旨だった。それなのに、発言のごく一部を取り上げ、総理の座から突き落とそうとしたのが多くのマスコミであった。当時の内閣支持率は低迷したが、もっと評価されてもよいはずだ。

 2001年4月に、李登輝・元台湾総統が訪日した際、森首相がビザを出すよう外務省に命じている。首相の命令がなければ訪日は実現しなかったであろう。当時李氏の来日に反対していたのは、橋本龍太郎元首相、野中広務元自民党幹事長、河野外相らだ。外務官僚も従わざるを得なかった状況だ。また、福田官房長官は、ビザの申請がなされているのに、記者会見で「申請はまだない」とうそとついたのだ。親中派恐るべし。

人気blogランキングへ→banner_01

« 「拉致実行犯 闇の一端が見えてきた」という朝日 何を今更、白々しい | Main | 渡辺恒雄氏を頼る朝日 なりふり構わずか! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/8056426

Listed below are links to weblogs that reference 男女共同参画第1次計画は「失敗」と森元首相:

« 「拉致実行犯 闇の一端が見えてきた」という朝日 何を今更、白々しい | Main | 渡辺恒雄氏を頼る朝日 なりふり構わずか! »