September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 宮崎被告の死刑確定 | Main | 第2次世界大戦で、韓国は連合国だった? 歴史捏造し放題の韓国紙 »

January 17, 2006

朝日新聞を「進歩的メディア」と褒める中国 褒め殺しになるのでは?

 産経新聞17日朝刊に、「『産経は言論暴力団』 中国誌、名指し批判」という記事がある。

 「中国外務省傘下の半月刊誌『世界知識』(十六日発行)は三ページをさいて産経新聞などを名指し批判した。中国メディア上で産経が批判対象となることは珍しくないが、『言論暴力団』『保守御用喉舌(宣伝機関)』と呼ぶなど、ここまで激しい論調は珍しい。今月上旬、日中協議の席で、中国側が日本側に報道規制を求め断られた経緯があるが、当局が日本メディアの中国報道にいかに敏感になっているかがうかがえる」。

 産経が中国の真実を伝えているから、報道規制を要請し、それが無理なので激しく批判を繰り広げるのであろう。中国のなりふり構わぬ批判は、産経新聞の報道の正しさを証明しているのだ。

 「まず『正論』執筆者らを名指しで列挙、『侵略戦争を否定し、靖国神社参拝を支持し、周辺隣国を誹謗中傷し、平和憲法改正を訴えるのが“正論者”の最大公約数』と説明。『デタラメの論に立ち、故意に過激な言動で人の興味を引きつけようとする』と批判した」。

 一体どちらが誹謗中傷しているのか。中国も朝鮮も日本のサヨクも、やり方がそっくりだ。

 「一方、朝日新聞については、『広範な大衆を代表する進歩的メディア』と紹介し、戦後の保守勢力台頭に断固反対する民衆と朝日新聞に対し『保守勢力は言論操作の重要性を実感した』と解説。フジサンケイグループを、保守政財界のてこ入れで生まれた『保守勢力の御用喉舌』と位置づけた」。
 「さらに産経新聞などを『狭隘な民族主義を吹聴するだけでなく、異論を排斥する言論暴力団』と呼び、『朝日新聞や進歩的論客を長期にわたって悪意に攻撃してきた』と述べた」。

 さて、朝日新聞については産経新聞とは正反対に「広範な大衆を代表する進歩的メディア」と最大の褒め言葉を使っている。朝日の記事が中国の国益に適っているということだ(もちろん日本の国益に反している)。中国が朝日を褒めることで、朝日が反日であることが証明された。中国は、朝日の社説を引用して首相の靖国参拝を批判するのだから、朝日を擁護して当然だ。日本人ならこんな「反日」新聞を購読してはいけない。

人気blogランキングへ→banner_01

« 宮崎被告の死刑確定 | Main | 第2次世界大戦で、韓国は連合国だった? 歴史捏造し放題の韓国紙 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/8203381

Listed below are links to weblogs that reference 朝日新聞を「進歩的メディア」と褒める中国 褒め殺しになるのでは?:

« 宮崎被告の死刑確定 | Main | 第2次世界大戦で、韓国は連合国だった? 歴史捏造し放題の韓国紙 »