September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 銀行が儲かる社会はおかしい | Main | 野党が首相発言を批判 »

December 06, 2005

「首相の外交的配慮は乏しい」のか?

 朝日新聞の6日朝刊社説のタイトルは「小泉外交 対話の扉が閉じていく」だ。小泉首相の「靖国は外交カードにならない」という発言を受けての社説だ。結論から言うと、朝日は日本は中韓に妥協せよと言うのだ。日本人の精神的自由よりも中韓との「友好」を大事にせよというのか。一方的に謝罪し妥協するような対等でない外交のどこが「友好」か。朝日は日本の新聞ではないと言える。ちなみに産経、読売、毎日はこの問題を同日の社説で取り上げていない。

 「これほどまで両国に強硬な姿勢を取らせた一因は、首相の外交的配慮に乏しい言動にある。会談延期についても首相は『結構です。もう靖国は外交のカードにならない。中韓がいくら外交カードにしようとしても無理だ』と、妥協を探るそぶりはまったくない」。

 中韓との首脳会談が延期になった一因は「首相の外交的配慮に乏しい言動にある」という。靖国問題は日本国内の話であり、中韓からとやかく言われるものではない。内政干渉である。朝日は外国の内政干渉を進んで許容し、日本国を攻撃しているのだ。

 「もともと過去に侵略や植民地の歴史を持つ国同士の関係は難しく、それだけに注意深さが必要だ。歴史を政治化させず、中韓が「反日」で結びつくのを防ぎ、3国協調の土台を広げる。そんな外交が求められているのに、首相のやっていることはまさに逆ではないか」。

 満州事変はマッカーサーも認めたように日本の自衛のためでもあり、溥儀の希望に適うものでもあった。五族協和を実現したのは事実だ。支那事変は中国共産党に起因し、日本が内戦に巻き込まれた。韓国は合法的に併合され、植民地ではなかった。日本人はもう事実に気付いてもよいと思う。

 60年前の出来事を中韓の都合の良いように捏造し、日本の「反省」を引き出し、外交が有利になるようにする。これが中国であり韓国だ。こんな国に振り回されるような外交をしてはいけない。小泉首相朝日の言っていることはまさに正論だ。当たり前の事だが、首相が言うから重みがある。今回のように拒否すれば、靖国が外交カードになることは金輪際ないだろう。朝日の言うことはまさに逆ではないか。

 産経新聞に「靖国参拝 『外交カードにならぬ』 首相、中国の会談延期批判」という記事がある。

 「首相は同日夜にも、記者団に『靖国の問題だけで日中関係が阻害されるという方がおかしい。どの国にだって一つや二つの意見の違いや対立はある。そういう中で交流を続けて行くというのが二国間関係ではないか。自由を尊重する人にとって靖国参拝はおかしいという方がおかしい』と中国側の姿勢を批判した」。

 その通りだ。朝日は独裁国、共産主義国の味方をしているのだ。

 「首相は東アジア首脳会議で行う基調演説で、将来の『東アジア共同体』構想の実現に向けて(1)民主主義、自由や人権などの普遍的価値の共有(2)地域の開放性、透明性の確保-の重要性を訴える方針。首相は自由と民主主義の先進国として、参加各国に「アジアの普遍的価値」の共有を促すとともに、経済成長を背景に軍拡路線を歩み、東アジアでの主導権確保を狙う中国を牽制する考えだ」。

 アジアが独裁国である中国の帝国主義に飲み込まれるか、自由と民主主義による国家の共同体になるか。中韓を除いて「大東亜共栄圏」を作る。日本が頑張れば不可能ではなかろう。

人気blogランキングへ→banner_01

« 銀行が儲かる社会はおかしい | Main | 野党が首相発言を批判 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
この問題は小泉首相が靖国参拝を止めれば済む問題だと思います。
朝日新聞の存在は言論、報道の自由が日本にあるという証明になっています。
貴兄は共産主義や独裁政治体制にあこがれているのでしょうか?

 靖国参拝に関する小泉総理の対応は、十分に合格点です。こういう真っ当な姿勢を、次期総理と合わせて2、3年も続ければ、靖国参拝は外交の争点ではなくなっているでしょう。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/7490417

Listed below are links to weblogs that reference 「首相の外交的配慮は乏しい」のか?:

» 首相「靖国は外交カードにならない」・日中韓首脳会談延期 [avalon◆keiko's Blog◆]
首相「靖国は外交カードにならない」・日中韓首脳会談延期 小泉純一郎首相は5日昼、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議の際に日中韓3カ国首脳会談を開かないと中国が発表したことについて「靖国は外交カードにならない。中国や韓国がカードにし....... [Read More]

« 銀行が儲かる社会はおかしい | Main | 野党が首相発言を批判 »