September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 人口減少社会についての各紙社説 ここまで言うか!朝日と毎日 | Main | ES細胞論文は虚偽 予想通りだ »

December 23, 2005

天皇誕生日 陛下ご会見のお言葉に思うこと

 産経新聞のページに、「天皇陛下、72歳に サイパン訪問『心の重い旅でした』」という記事がある。

 「天皇陛下は二十三日、七十二歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、記者会見し、終戦六十年にあたり今年六月、戦没者慰霊のためにサイパン島を訪問したことに関して『厳しい戦争のことを思い、心の重い旅でした』と振り返られた」。

 ページにはご会見の全文が載っている。サイパン島に関しては「ドイツ領であったサイパン島は第一次世界大戦後、国際連盟により日本の委任統治領となり、多くの日本人が移住し、砂糖産業や農業、漁業に携わっていました」が、「昭和十九年六月十五日、米軍がサイパン島へ上陸してきたときには、日本軍はすでに制海権、制空権を失っており、大勢の在留邦人は引き揚げられない状態になっていました。このような状況下で戦闘が行われたため、七月七日に日本軍が玉砕するまでに陸海軍の約四万三千人と在留邦人の一万二千人の命が失われました」と言われている。

 どこをどう見ても日本の侵略ではない。アメリカの虐殺である。大東亜戦争を日本の侵略と言うのが間違っている事は、この点だけでも明らかだ。

 「日本は昭和の初めから、昭和二十年の終戦までほとんど平和な時がありませんでした。この過去の歴史を、その後の時代とともに正しく理解しようと努めることは、日本人自身にとって、また、日本人が世界の人々と交わっていく上にも、極めて大切なことと思います」。

 サイパンの話から続いてのご発言であるから、「過去の歴史を~」は、もちろん過去の歴史を現在の尺度で断罪するという意味ではない。そして次のご発言に続く。

 「戦後六十年にあたって、過去のさまざまな事実が取り上げられ、人々に知られるようになりました。今後とも多くの人々の努力により、過去の事実についての知識が正しく継承され、将来にいかされることを願っています」。

 これは、中韓の捏造した歴史や「東京裁判史観」「自虐史観」に捉われていた日本人が、過去の事実を知るようになった事を指しているのではないだろうか(そうとしか思えない)。非常に喜ばしいことだ。まあ「天皇制打倒」を願う連中は陛下のお言葉にも耳を貸さないだろうが(日本人の本質から外れている)。

人気blogランキングへ→banner_01

« 人口減少社会についての各紙社説 ここまで言うか!朝日と毎日 | Main | ES細胞論文は虚偽 予想通りだ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/7788806

Listed below are links to weblogs that reference 天皇誕生日 陛下ご会見のお言葉に思うこと:

« 人口減少社会についての各紙社説 ここまで言うか!朝日と毎日 | Main | ES細胞論文は虚偽 予想通りだ »