September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 横浜教科書訴訟で上告棄却 | Main | 氷川清話 »

December 01, 2005

歴史を書き直す韓国 歪曲・捏造なんでもありか?

 日経新聞のページに「韓国、抗日運動など過去100年間の事件再検証へ独立機関」という記事がある。

 「韓国で1日、日本統治時代から現代までの歴代政権による人権弾圧や抗日独立運動など過去100年間の主要事件の実態を再検証する独立機関が発足した。検証作業は『歴史の書き直し』(韓国メディア)ともいわれ、保守、革新勢力の対決色が一段と強まりそうだ」。

 歴史を現在の事情に合わせて平気で書き直す韓国。今でも平気で行われている歴史の歪曲や捏造を、大統領が率先して行うというのだ。国際的に見ても例のない非常識さだ。

 「この『真実・和解のための過去史整理委員会』は盧武鉉大統領が昨年8月15日の独立記念日に設置の構想を打ち出した。盧大統領の精神的支えとされる釜山の神父、宋基寅委員長をはじめ15人で構成。盧大統領と与党『開かれた我が党』(ウリ党)の推薦委員が8人と過半数を占める」。

 大統領とウリ党の都合の良いように歴史を書き換えるのだな。

 「調査対象は(1)日本統治時代の抗日独立運動(2)独立以後、公権力による死亡、失踪(しっそう)など重大な人権侵害(3)国家の敵対勢力(北朝鮮など反体制勢力)による暴力、虐殺――など。同委員会は1日、犠牲者の遺族や被害者、目撃者らに調査を希望する個別事件の受け付けを始めた」。

 このように、日本が悪いという結論を大前提にして、ありもしない事件を受け付ける。結果は目に見えている。歴史を見直すなら戦前の日本統治の良い面にも着目するとか、戦後の日本からの援助が経済成長に寄与したことなどを検証すればどうか。

人気blogランキングへ→banner_01

« 横浜教科書訴訟で上告棄却 | Main | 氷川清話 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/7418515

Listed below are links to weblogs that reference 歴史を書き直す韓国 歪曲・捏造なんでもありか?:

« 横浜教科書訴訟で上告棄却 | Main | 氷川清話 »