September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 皇室を守らぬ宮内庁 | Main | 日本全体の利益を考えよ、と知事に言わねばならぬ首相 »

November 11, 2005

靖国神社を国営化すればどうか 憲法も改正して

 11日の産経新聞「産経抄」で、追悼施設について書いている。一部抜粋する。

 「国立の戦没者追悼施設建設を推進する超党派の議員連盟が結成されたが、集まった先生方をながめてみ
ると…。首相になるチャンスを決断力のなさからフイにした加藤紘一さん、無役ながら『ポスト小泉』候補の一人とされる福田康夫さん、そして下半身スキャンダルを週刊誌に散々とりあげられた山崎拓さんが会長におさまっている。俗臭芬々と言いたくなってくる」。

 胡散臭い反日政治家が集まったという印象を受ける。

 「『政局的な思惑は一切ない』という山崎さんの言葉を信じるにしても、韓国要人から靖国神社に代わる施設建設を求められ、帰国直後にバタバタと議連設置を決めたのはどういう了見か」。

 産経抄は遠慮して書いているが、このタイミングでは政局的な思惑は一切ないと言っても誰も信じない。

 「もっと解せないのは、宗教にはもっとも理解のある政党だと思っていた公明党が『無宗教』の施設建設にいたく熱心なことだ。共産国家でもないのに死者を追悼する場が『無宗教』で本当にいいのだろうか」。

 もちろん無宗教でいいはずがない。公明党は神道だから反対しているのだろう。支持母体の宗教を追悼に採用するのなら文句は言わないのではないか。

 「そんなに『国立』がいいなら、国家護持法案をつくって靖国神社を国営化する方法を考えてはどうなのか。国論を二分するのが確実な事業に、貴重な税金をつぎこむことはない。他国よりも、戦死者のご遺族の声を十分に聞いてこそ日本の『政治家』だろう」。

 戦没者の遺族の言葉よりも、中国や韓国の意見(内政干渉)を尊重する。これでは日本の政治家とは言えない。「皇室典範に関する有識者会議」も皇室の意見に耳を貸さない。一体日本はどうなってしまったのか。

 産経抄の言うように、国家護持法案をつくって靖国神社を国営化すればどうか。もちろん憲法を改正してからだが。

人気blogランキングへ→banner_01

« 皇室を守らぬ宮内庁 | Main | 日本全体の利益を考えよ、と知事に言わねばならぬ首相 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/7044773

Listed below are links to weblogs that reference 靖国神社を国営化すればどうか 憲法も改正して:

« 皇室を守らぬ宮内庁 | Main | 日本全体の利益を考えよ、と知事に言わねばならぬ首相 »