September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 大峰山に女性が登山強行 | Main | 独裁国との国交正常化など不要 経済支援を期待しているだけだ »

November 08, 2005

三笠宮さまの異議を無視する吉川弘之座長

 朝日新聞のページに「三笠宮さまの異議『影響ない』 女系天皇検討で座長」という記事がある。

 「小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は7日、首相官邸で会議を開いた。三笠宮寛仁さまが女性・女系天皇に異議を唱える随筆を発表したことについて、吉川弘之座長は終了後、会議への影響は『ない』と否定し、女性・女系天皇を容認する考えを強調した。首相も同日、会議の姿勢を支持する考えを示した」。

 皇室のことを決めるのに皇族の意見を聞かないとは言語同断だ。「有識者」は一体何様の積りか。

 「政府高官の一人も、随筆で「プライベートなひとり言」としていることを指摘し、『内輪の場の話だから、騒ぐことは寛仁さまの本意にそぐわない』との見方を示した」。

 違うのではないか。政治に介入することができないから、「プライベートな一人言」にして、皇族の意見を表明されたのだ。皇族のことはまず皇室に案を出して貰うべきではないだろうか。

 産経新聞のページには「皇室典範改正案 通常国会提出慎重論も」という記事で、次のようにある。

 「有識者会議は発足時から、女性・女系天皇容認論者が複数いる半面、皇室制度の専門家がほとんどいないなどメンバー構成が偏っており、『はじめに女性・女系天皇容認の結論ありき』(研究者)といわれた」。有識者会議の吉川弘之座長はロボット工学専攻で、専門外だ。そして、「(皇族方の)意見を聴く考えは全くない」「意見を聴くことは憲法に反する」などと発言している。なんと言う思い違いと思い上がりか。「有識者」不在の有識者会議だ。小泉首相は「(意見聴取は)憲法違反ではないでしょう。どんな方の意見だって、個人が発言するのは自由だから」と否定しているという。

 「男系継承維持派の民間有志でつくる『皇室典範問題研究会』代表の小堀桂一郎東大名誉教授は、『有識者会議は寛仁殿下のご意見を真剣に受け止め、結論を急ぐべきではない。皇族のご意見を聴かないというのは思い上がった態度であり、元皇族の皇籍復帰などをなぜ真剣に検討しないのか』と話している」。

 有識者会議に小堀氏のような本当の有識者が入っていれば、こんな結論を出し急ぐことはなかったはずだ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 大峰山に女性が登山強行 | Main | 独裁国との国交正常化など不要 経済支援を期待しているだけだ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/6966115

Listed below are links to weblogs that reference 三笠宮さまの異議を無視する吉川弘之座長:

» 「三笠宮さま」とは何のことだ? [長くつ下のハイジ]
正統の哲学 異端の思想―「人権」「平等」「民主」の禍毒 中川 八洋 “すなわち [Read More]

« 大峰山に女性が登山強行 | Main | 独裁国との国交正常化など不要 経済支援を期待しているだけだ »