September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 朝日のダークサイド | Main | 馬鹿丸出しのコメント »

November 29, 2005

西村議員逮捕の社説

 西村議員が逮捕されたのを受けて、各全国紙が社説を載せている。抜粋してコメントしてみる。

産経:西村議員逮捕 まず潔く辞職するのが筋

 「西村容疑者は、元法律事務所職員の非弁活動を黙認し、報酬も折半していた容疑が濃厚だ。『名義貸し』という形式的行為とはいいながら、法律違反を厳しく追及する弁護士のうえ、高い品位が求められる現職の国会議員ならば、逮捕も当然であろう」。

 (「逮捕も当然」とあるが、産経だけが名義貸しを「形式的行為」と書いている。)

 「西村議員は、北朝鮮による日本人拉致事件で、国会で初めて横田めぐみさんの事件について質問した。超党派でつくる拉致議員連盟の幹事長も務めており、家族会などの信頼は厚い」。

 (西村議員の拉致問題に対する功績を取り上げているのは産経だけ。今回の事件は本当に残念だ。)


読売:西村議員逮捕 弁護士失格だけでは済まない

 「国会議員の職務とは直接の関連がないとしても、背景には議員としての信用があった。西村容疑者の責任は重大だ。今後の捜査で、不正の全容を徹底解明する必要がある」。

 (読売は国会議員の職務とは関係ないと書いている。)

 「西村容疑者は、従来、独特な保守的言動で知られるが、今回の事件は、政治活動とかけ離れた違法な“副業”だ」。

 (独特な保守的言動と書くが、具体的に何を指しているのかわからない。説明が要るのではと思う。)


毎日:西村議員逮捕 民主党はタガを締め直せ

 「非弁護士と提携する弁護士の存在は、実は大きな問題になっている。多重債務にかかわる事例が主で、弁護士会から懲戒処分を受ける件数も増加傾向にある。(略)高い識見と順法精神が求められる国会議員としてもふさわしくないのは言うまでもない」。

 (弁護士の名義貸し等が問題になっているのは、西村氏だけではないことを書いている。)

 「西村議員は『民族主義者』を自任し、タカ派的言動を繰り返してきた。新進党時代の97年、日本、中国、台湾で領有権が問題になっている尖閣諸島に上陸した。自由党員だった99年には、日本の核武装を主張した発言で防衛政務次官を更迭されている。当時、民主党代表だった鳩山由紀夫・現幹事長は小渕恵三首相の人事責任を追及した」。

 (今回の事件とは関係ない事を社説に書く。気に入らない議員が問題を起こしたから丁度良いので辞めさせよ、という事だろう。)

 「政権の腐敗をチェックする役割を担う野党第1党がこの体たらくでは情けない限りだ。個人の事件では済まされないタガの緩みがあるとしか言いようがない」。

 (タイトルにもあるように、社説は「民主党はタガを締め直せ」と結論付けている。寄り合い政党だからタガを締めても同じだ。特に西村氏は民主党に所属していること自体が理解できない存在であった。)


朝日:西村議員逮捕 民主党の罪も深い

 「西村議員の国会議員としての資質には、かねて疑問があった」。

 (今回の事件と、西村議員の国会議員の資質を結びつけて書くのは朝日だけ。国会議員の職務とは関係ないのだが。言い過ぎだ。議員とはいえ個人だ。気に入らない個人を徹底的に公器である新聞で攻撃する。ひどい新聞社だ。朝日に個人攻撃されたの私人は、小林よしのり氏、渡部昇一氏、井沢元彦氏、俵孝太郎氏、等々、数多い。)

 「民族主義者を自任し、97年には中国と領有権争いのある尖閣諸島に国会議員として初めて上陸した。99年には雑誌の対談で、日本の核武装の検討を唱え、防衛政務次官を辞任せざるをえなかった。2年前には、「建国義勇軍」などを名乗って銃撃事件を起こした刀剣愛好家団体の最高顧問に就いていたことが発覚した。こんな暴力的な団体とかかわるだけでも国会議員としての責任は免れない。それなのに、西村議員は『団体の活動と犯罪は別物』と開き直った」。

 (上記は、今回の事件とは全く関係が無い。朝日が気に入らない点を並べただけだろう。そして西村議員の拉致問題への貢献については一切書かない。)

 「民主党は、西村議員の主張や体質を十分に知りながら、今回の総選挙でそのまま公認したのである。(略)選挙違反で逮捕された計屋圭宏前衆院議員とあわせ、総選挙から3カ月足らずで民主党の現職・前職国会議員の逮捕はこれで3人目だ。前原執行部がここで自浄作用を示せないなら、巨大与党への反転攻勢などは絵空事になるに違いない」。

 (巨大与党への反転攻勢など絵空事になるのは自明だ。民主党もこのままでは社会党と同じ末路をたどるであろう。)

人気blogランキングへ→banner_01

« 朝日のダークサイド | Main | 馬鹿丸出しのコメント »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/7376109

Listed below are links to weblogs that reference 西村議員逮捕の社説:

« 朝日のダークサイド | Main | 馬鹿丸出しのコメント »