September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「日韓友情年2005」ももうすぐ終わりだ | Main | 河野洋平、責任とれよ »

October 24, 2005

朝日新聞社で社内乱闘! 剣はペンよりも強し

 ZAKZAKのページに、「朝日新聞、靖国問題で社内乱闘…40代社員が暴行」という記事がある。

 「朝日本社で『真昼の決闘』-。小泉純一郎首相(63)の靖国神社参拝をめぐり、朝日新聞社員2人が激論の末、むなぐらをつかみ殴りかかるなどの大ゲンカに発展。暴行を受けて負傷した社員が、社内から110番通報し、警視庁築地署の署員が駆けつける騒ぎとなっていたことが21日、発覚した。不祥事続きの朝日は夕刊フジの取材に事実関係を一部認めたものの、『被害が軽微』と詳細には口をつぐんでいる。社員の一人は全治10日間のけがを負っており、立派な傷害事件なのだが…」。

 これだけ世間で朝日が騒がれているのに、いまだに隠蔽体質を変えようとしない。他のマスコミも報道しないのはなぜ?

 「通報したのは、同社総合研究本部世論調査部に所属する30代の男性社員で、同部に所属する40代男性社員と前日に小泉首相が靖国参拝したことの是非を問う世論調査の結果を話し合っていた」。
 「結果は『よかった』が42%、『するべきではなかった』が41%とほぼ拮抗。関係者によると、この微妙な解釈をめぐって大ゲンカとなったという」。

 あれだけ首相の靖国参拝を否定的に報道し、社説で批判している朝日の世論調査でさえも、賛否が拮抗するとは驚きだ。朝日の情報操作が読者にさえも効かなくなってきたということか。まあ宅配の新聞を変えるのが面倒とか、景品目当ての朝日の読者も沢山いるだろうから。

 「40代社員は激怒し、30代社員に体当たりや胸ぐらをつかむなどして暴行を加えた。さらに、30代社員が携帯電話で110番通報しようとしたところ、40代社員が携帯を奪い取り、真っ二つに破壊したという。一連の暴行で30代社員は腰に10日間のけがを負った」。
 「するべきではなかった」という人の85%が「政府は中韓の反発を重く受け止めるべきだ」と答えたことから、記事中では「周辺国への配慮を重視する意見の強いことが改めて示された」と表現。暴力に泣いた30代社員がどう解釈したかは不明だが、記事はいかにも朝日っぽい論調で掲載された」。

 自分の都合の良いように事実を捻じ曲げて書く。それが朝日だ。社説でも世論が二分しているのだから参拝するな、というわけの判らぬ理屈を書いている。そして自社に都合の悪い事実は隠す。誤報をしても謝罪も訂正もしない。倫理的に許されているのが不思議だ。相手が三菱やら雪印なら叩きまくったくせに。報道する資格なしだ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 「日韓友情年2005」ももうすぐ終わりだ | Main | 河野洋平、責任とれよ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/6545304

Listed below are links to weblogs that reference 朝日新聞社で社内乱闘! 剣はペンよりも強し:

« 「日韓友情年2005」ももうすぐ終わりだ | Main | 河野洋平、責任とれよ »