September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« @nifty入会8周年 | Main | 失踪日記 »

May 12, 2005

脱線事故の報道に違和感 

 週刊新潮5/19号を読んだ。JR西日本の脱線事故の特集がある。

 運転士の日勤教育が悪いという話がある。しかし、告発した運転士はJRとの闘争路線を掲げる労組の組合員だという。であれば割り引いて受け取る必要がある。脱線事故はJRを攻撃する絶好の材料だからだ。

 記者会見でJRに罵声を浴びせた記者がどの新聞社の社員かが書いてある。記者は取材するのが仕事だ。JRを糾弾する資格などない。新聞社トップの性格を受け継いでいるようだ。

 それにしてもマスコミはJRをたたきすぎではないか。一般社員が休日や勤務時間外に宴会などをして何が問題か。事故のあった福知山線の管轄部門や管理職、経営者ならともかく、全社員が宴会を自粛しないといけないのか。マスコミは「空気」に支配されているようだ。

 もちろんJR西日本の責任は厳しく問われねばならない。信楽の事故でも、裁判で敗訴したから賠償したものの、それまでは全く謝罪していなかった。企業としての姿勢が問われよう。

人気blogランキングへ→banner_01

« @nifty入会8周年 | Main | 失踪日記 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/4101005

Listed below are links to weblogs that reference 脱線事故の報道に違和感 :

» 報道に携わる人間の大きな勘違い [死ぬまでにしたい100のこと]
JRの記者会見中に読売新聞社の記者が JR幹部に対して暴言を吐いたというニュースだが、 別にこの記者に始まった事ではないはず。 何にせよ、多くの記者達は感情むき出して取材をし、 感情をそのまま記事にぶつけている気がしてならない。 そういった意味では、最近の報道の公正さをもっと問うべきだと思う。 まるで、「私は、国民の代弁者です」とでも 言わんばかりの記者が多過ぎるのでは? こんな記者達がおかしな報道をするから、 「私も同感だ」みたいに勘違いした人達が、置石など、 冗談で終わら... [Read More]

« @nifty入会8周年 | Main | 失踪日記 »